Home > サーフィン基本 > 後悔しない激安サーフボード

後悔しない激安サーフボード

サーフィンをこれから始めたいと考え中の方、もしくはスクールや友達に借りてサーフィンを少し経験した方、自分だけのサーフボードを購入しようと思ってビックリしたでしょうか。僕が高校生の時、初めてサーフショップに行って「サーフボードって高いなぁ!」とショックをうけた記憶があります。当時も数万円しましたので、高校生の僕からすれば、お年玉を全額投入しないと買えそうにない値段でしたね。
とはいえ、サーフィンをちゃんと続けたいし、自分だけのサーフボードが欲しい・・・。そこで僕が出した結論は、出来るだけ安いサーフボードを探そう・・・激安でサーフボードを手に入れたい!!という超大真面目な計画でした。

激安サーフボードとは何か?

激安サーフボードって結局どんなサーフボードなのか?最終的な結論として、大きく2種類だけだと思います。
1つは中古のサーフボードということです。誰かが長年乗っていたサーフボードか、もしくはサイズが合わなくて売ったり、サーフィンを止めてしまったなどですね。
もう1つは、外国製や量産品の既製サーフボードです。オーダーしない分安いですし、メーカーも怪しい物が多いです。

中古で探す激安サーフボード

初心者〜初級者の選択肢として、中古のサーフボードを選ぶことは悪くないと思います。理由はサーフィンの種類でも書きましたが、初心者のうちは自分のレベルに合わせてサーフボードを買い替える方が上達も早いと思うからです。

パドルして波待ちし、頑張ってテイクオフ!ふらつきながらも板に立って進みたい。最初に誰しも思うことですよね。ですが、これを上級者が使っている板でやろうとすると1年かかるかもしれません。そうやって覚えていく人も沢山いますが(僕もその一人です)、決して近道ではありません。まずサーフィンを始めたばかりのレベルの時は、中古のファンボードが良いでしょう。ショートボード・ロングボードを最終的にやりたいと思っている場合でも、最初は扱い易く立つのも簡単なファンボードが最適なように思います。 ファンボードでサーフィンの感覚をつかめて、ある程度のサイズの波で立って滑るのが安定してきたら、次のレベルにあったサーフボードを購入すれば良いわけです。初心者向きのショートボードでも良いですし、ロングボードでも構いません。

中古でサーフボードを買うメリットは、レベルの変化が激しい初心者のうちは、その時々のレベルに合わせたサーフボードへと容易に乗り換えが出来ることです。レベルアップの際には、今まで使っていた中古のサーフボードも売ってしまえばいいわけですしね。もちろん選ぶ際には注意しなくてはいけない点もありますので、中古サーフボードの選び方を参考にしてください。

外国製・量産品の既製サーフボード

オーストラリアやバリなどで売っているサーフボードは激安です。日本の半額くらいで買うことが可能です。日本でもそういった輸入サーフボードが多数販売されています。現地で買うよりは高いですが、それでも日本製に比べたら安いでしょう。上級者が自分に合ったサーフボードを買うのであれば良いでしょう。しかし、僕個人としては初心者〜初級者がこういったサーフボードに手を出すのはお勧めしません。一見、同じように見えるサーフボードでも、ちょっとした違いで大きな差が出てきます。厚さや幅、テールの形の違いなどです。上級者であればそういった判断も出来ますし、乗りこなすことも出来るわけです。しかし初心者となると、どれが良いのか判断することなんて無理ですよね。だからこそ、オークションなどで気軽に購入するのは避けたいですし、ましてや海外の怪しげなサーフボードを初心者に簡単に売るようなサーフショップは儲けることしか考えていない可能性が高いです。ちゃんとしたサーフショップであれば、レベルに合った選択を進めてきます。もちろん海外のサーフボードなどの既製品であっても、自分のレベルに最適な1本がある場合もありますので、全てが悪いわけではありません。

総合的に考えると、初心者では判断の難しいハイリスクな外国製サーフボードを購入するよりは、中古をきちんと販売しているサーフショップに相談して、今の自分のレベルに合ったサーフボードを探す方が良いように思います。最初の1本だからこそ、逆にピカピカの新品が欲しくなる気持もよ〜く分かりますので、値段?自己満足?ブランド名?レベルアップ重視?・・・など、どんなサーフボードが自分に最適なのかを、激安という甘い言葉に惑わされずに選んでくださいね。