Home > サーフィン基本 > レベルに合ったサーフボード選び

レベルに合ったサーフボード選び

僕がサーフィンを始めた時代は教えてくれる人なんてほとんどいなくて、随分間違ったサーフボードを買ってしまい後悔しました。そういったことも今思えば貴重な経験でしたが、あえて茨の道を行く必要はありませんので、中古サーフボードでも激安サーフボードでも構いませんので、自分のレベルに合ったサーフボードを選ぶようにしましょう。
以下の表は、ショートボードでのサーフィンを目標に組んだ、レベルアップに向けたサーフボード選択基準です。

レベルに合わせたサーフボード選び(ショートボード)

目安時期 現在海で出来ること 目標 最良のサーフボード
0ヶ月
〜4ヶ月
パドリング とにかくボードに立つ ファンボードで練習
ふらつきながら板に立てる 波を追いかけ、正しくテイクオフしてボードに立つ ファンボードで練習
5ヶ月
〜1年
テイクオフはだいぶ安定してきた
ボードに立って前に滑れる
ドルフィンスルー練習開始
波に乗って横方向に滑る
ファンボード〜
ショートボード(※1)
1年1ヶ月
〜2年
ドルフィンスルーの動作を理解
テイクオフでパーリングも多い
波に乗って横方向に滑る
アップス&ダウンスを意識して練習
ショートボード(※1)
2年1ヶ月
〜3年
テイクオフでパーリング無し
アップス&ダウンスを繰り返して
長く波に乗る
ボトムターン・トップターン習得
ローラーコースターやカットバックも練習開始
ショートボード(※2)

(※1)浮力があり、幅が広めでやや長めのショートボードを選ぶことで、テイクオフが安定します。
(※2)浮力を減らす。0.5〜1長さを短くし、駆動性より伸びが良いサーフボードを選ぶ方が練習に向いている。


この表は、週2回程度サーフィンをすると仮定して、一般的な上達レベルで書いてあります。海に入る頻度によって、時期も大きく変わるかと思います。また、こうでないといけないわけではないので、自分がどんなサーフィンをしたいかで決めれば良いと思います。僕の奥さんは最初からドルフィンスルーに憧れていたそうで、ファンボードや浮力の強いショートボードでは実現させることが出来なく(筋肉もテクもないため)、始めて3ヶ月ほどの時には、どう考えても薄過ぎるボードに乗っていたそうです。本人的にはドルフィンスルーが出来るようになったことで大満足だったそうですから、こういった選び方も間違いではないのでしょうね。