Home > サーフィン基本 > サーフィンと耳栓◆仝什澪廼の耳栓はこれだ!

サーフィンと耳栓◆仝什澪廼の耳栓はこれだ!

前回のサーフィンと耳栓で耳栓の必要性を書いたのが1年前。したりしなかったりもありますが、サーファーにとってはやはり手放せない存在です。
個人差はあるでしょうが、水と外気の温度差が激しいほど耳に水が入り易いように感じます。きっと化学的な根拠もあるはず・・・もちろん知りません(笑)。

あまり耳に入る水が気にならない夏場なんかだと、つい面倒で耳栓をしない時もあります。必要ないのであれば、付けないのが一番楽ですよね。音が聞こえ難いのも気持ち悪いですし。
とはいえ、サーファーズイヤーも心配ですし、先述の通り季節によっては耳栓が手放せないわけです。長らく愛用していたシリコン製の耳栓ですが、難点といえばよく無くすこと・・・。あれだけ耳にフィットしているはずなのに、なぜか気づくとなくなっている。。餌と間違って食べてしまった魚さん、ごめんなさい。しかも粘土状のシリコン製耳栓は、ビーチに落とすと砂がくっつき無残な状態になります。一度落とすとアウトです。飴玉のように3秒ルールなんて通用しません。
そしてシリコン製耳栓のもう一つの欠点といえば、やはりどうしても音が聞こえ難くなることでしょうか。サーフィン初心者のころなんかは、波の音が聞こえないと不安だったりもしました(今思うと音も頼りにしていたような?)。音が聞こえなくて困るのは、何といっても人との会話。会話の度に耳栓を外していたんじゃ耳栓を落とす可能性も高くなりますし、グローブをしている冬場だと上手く脱着出来ない問題もあるのです。

なかなか運命の耳栓と出会えない日々でしたが・・・待った甲斐がありました!
ついにサーファーに最適の耳栓が発売されました!!

その名も「YES EAR(イエスイヤー )」!!
ネーミングの意味は不明ですが、まさしく「イェス!!」と言ってしまう逸品ではないでしょうか。

この耳栓の良いところはというと、

・音が聞こえる(耳栓をしたまま会話が出来る!)
・水が入ってこない(当たり前?)
・遮音リング2種類付きで、サイズ調整可能

水が入ってきては耳栓として論外ですが、もちろん水も入らず尚且つ音が聞こえるんですね!しかも音が聞こえ難いことはありません。耳栓をしている分、自分の声が大きく聞こえてしまうせいか、つい自分の声が小さくなってしまうことはある気がします。よく嫁が「え〜??なんて〜??」と怪訝な顔をしていますから(笑)。
ちなみに今までサイズの会う耳栓がなく、泣く泣くシリコン製を使っていた嫁ですが、イエスイヤーのSサイズリング装着でバッチリだそうです。サイズに困っていた女性や子供には嬉しいですね。

すでに数か月使っていますが、どれだけ波にもまれても外れません。頭でっかちのくせに優秀なイエスイヤーくん。
ただ難点?をあげるとすれば・・・耳の穴を完璧に密閉出来るためなのか、まれに耳栓を触ると痛い時があります。耳の穴の中が真空状態のような感じになるためなのか、僕の装着方法が悪いのかは謎ですが。。

とにかくサーファーにオススメの耳栓、それが「YES EAR(イエスイヤー )」!!

CMみたいになってしまいましたが(笑)、楽天だと定価より結構安く買えるショップがいくつかありますよ。