Home > サーフィン基本 > サーフィンが続かないワケ

サーフィンが続かないワケ

サーフボードやウェットスーツなどサーフィン用品一式を買い揃えたのにも関わらず、サーフィンが長続きしない人が多いのではないでしょうか?昔は毎週末海に来ていたのに、今ではほとんどサーフィンしていない友人が僕にもいます。サーフィンが続けられない理由はいろいろあると思います。仕事が忙しかったり、家族が増えて難しくなる人もとても多いです。たいていのサーファーが海に通っていますから、通えない状況になってしまった結果止めてしまう場合も少なくないようです。そういった本人の意思以外の要因で止めてしまうサーファーが圧倒的に多いと思いますが、中にはサーフィンの面白さを見出せなかった人もいれば、別のスポーツの方へ行ってしまう人もいます。冬になるとスノボやスキーをメインに楽しむ人もサーファーには多いです。横滑りが好きなんですね。また春になれば海に戻ってくるのです。サーフィン一筋ではありませんが、好きな趣味をバランスよくこなしているのですね。

サーフィンは面白いのか?

いつまでたっても上達しない、他のサーファーに波を取られてしまい乗れない・・・そんな理由でサーフィンを楽しめていない人は多いですよね。多くのサーフポイントはサーファーで混雑していますから、レベルが低いとどうしても乗れない日が多くなってしまいます。だからつまらないと感じるかは個人差があるようで、そういった状況を逆にバネにする人だっています。悔しいから上手になりたい!そう思うからこそ続けられるのです。僕もサーフィンを始めて2年間ほどは、人に面白いのか聞かれても「別に面白くわけじゃないよ」と真剣に答えていました。面白いというより上手くなりたくて続けていただけで、面白いと思える日なんてほとんどありませんでした。それが少しずつですが上達することで、今日は少し楽しかったとか、いい波乗れたから満足だ、そんな風に感じる日が多くなってくるのです。多分ほとんどのサーファーがそういった思いをした中で続けてきたわけですから、その壁を乗り越えないと上達もしないし、サーフィンを面白いとも思わないのかもしれません。

結局そういうわけでサーファーは負けず嫌いの人が多いように感じますから、海ではみんなガツガツした雰囲気なのかもしれません。いい波に乗れたときの気持ちよさを知ってしまうと、多分サーフィンを止められないと思いますよ。