Home > サーフィン基本 > サーフィンが上達しないワケ

サーフィンが上達しないワケ

サーフィンが続かないワケでサーフィンが続かない理由について書きましたが、多くのサーファーがめげずにサーフィンを続けています。しかし我武者羅にやれば良いというものでもありません。上手なサーファーには上手なりの理由があるのは当然ですよね?そういったことに少しずつでも気が付いていくことが大切です。始めたばかりのころはそんな余裕もないでしょうが、1年も続けていればアウトで波待ちしている時間も増えてくるでしょうから、徐々に周りの上手なサーファーを意識してみてみましょう。多くのサーファーが上手な人のライディングをまじまじと見ていることは珍しくありません。千葉でサーフィンしていると結構頻繁にプロサーファーに出会います。プロサーファーと同じ波を追いかけるなんて場面も多々あるので(もちろん取られますが)、どうして自分ではなく相手が波に乗れたのか考えてみることが大切です。「チェッ」と舌打ちしていても上達しません。周りの上級者から見て学ぶことはとても大切です。

波について学ぶべし

いつまでも上達しない理由の一つとして、波選びが出来ていないことです。正直「波を見る目」というのも経験値でして、長年続けて培っていくものですが、何も考えずに続けていてはいつまでたっても目が肥えてきません。波はいつでもまっすぐに同じように崩れるのではありません。風やウネリの向き、地形などでよれてしまうことが多いのです。少しずつ右や左によれていくため、まっすぐ追いかけていてはピークから外れてしまうのです。よれていることに気づいていないサーファーが多いように感じます。だから必死で違う方向めがけてパドルしていて、最終的には乗れない&他の人が乗れるということになるわけです。単純に右や左に寄れている場合ばかりではなく、右によれてから左によれるという場合もありますし、ある場所ですこしぼよつく場合もあります。そういったその日その場所の波の崩れ方を把握出来ないと、いつまでたっても間違った波選びや波の追いかけ方を続けてしまうのだと思います。

次のステップを決める

今自分は何が出来ているのかを理解して、次のステップには何をすればよいのか考えてみましょう。少し横に滑れるようになったのであれば、今度は波に合わせてボードを上下させながら乗ってみるということを意識するのです。上級者は1つの波を長く乗り続けていますが、初心者はすぐに終わってしまいますよね?少しでも長く同じ波に乗るにはテクニックが必要です。パワーゾーンを保ちながら、波に合わせて上手に乗り繋いでいけるよう、今出来ていること、次にやることを決めて取り組んでください。