Home > サーフィン基本 > 海でナンパ

海でナンパ

夏と言えば海、海と言えば出会い、出会いといえば・・・ナンパっしょ!なんて言っているのは田舎の若者ぐらいなんでしょうかね。サーファー野郎なんて女の子にもてたいばかりにサーフィン始めた奴ばかりです(笑)。だけど夏といえば、誰でも気持ちが大きくなり恋だって楽しみたく季節なんです。しかも楽しい遊びがいっぱいですから、海でナンパするなんて理想的な気もします。
とはいえ、サーファーが海の中でナンパするってどうなんでしょうか?そんな奴いるのかと思ったあなた、実はいるもんです。もちろん僕ではないことはキツくお伝えしますが、中にはビキニ姿の女の子の後ろをニヤニヤしながらついて行ったり、品定めするかのようにキョロキョロしている奴もいたりします。夏になると、なぜだか外人さん(僕が見たのはバリニーズ)も日本の海でナンパしてたりします。「この辺にガソリンスタンドはありますか?」なんて女の子ばかりに聞いているのですが、何日も同じことを同じサーフポイントでやってましたね。サーフィンを楽しんでる女の子の多くが、海の中でナンパされても嬉しくないようで、逆に迷惑、サーフィンの邪魔とすら感じるようです。そりゃそうですよね、男女問わず真面目にサーフィンしている方からすると、下心丸出しでよってくるのはありがた迷惑なだけですね。
だけどサーファーにとっては、海は貴重な出会いの場でもあります。同じ趣味を持つ相手が恋人だったら、週末のデートは気兼ねなく海に来られますからね!逆に我が家のようにサーフィン中毒の夫婦だと、遠出のデートを提案したって「え〜波良かったら海がいいよ」なんて面倒がられてしまいます。

怪訝がられずにうまくメールアドレスを聞いたり、アポを取るにはどうしたらいいでしょうか?確率が高いのは断然海の外だと思いませんか?例えば駐車場や、波チェック中なんかです。ポイントは女性だけのサーファー。男性のいるグループはやめておき、駐車場なら着替える前や着替えが終わる頃に共通の話題で話しかけてみましょう。変なタイミングで話しかけると、お着替え中だから嫌がられますね。「今日の波どうでしたか?」みたいな触りから、「良くサーフィンしに来るんですか?」なんて感じで掘り下げていくわけです。僕の知り合いはこの方法でしっかりメアドゲットしていましたよ。「波情報共有しましょう!」みたいな怪しい誘い文句でしたけど(笑)。

街と同じでいつでもナンパが成功するわけではありませんけど、女性もサーファーの男性なら結構好意的になりますので、チャライ感じは隠してアタックしてみてくださいな。