Home > サーフィン基本 > サーファーズアイって?

サーファーズアイって?

サーファーズイヤーという耳の病気を耳にしますが、サーファーズアイって聞いたことありますか?僕もサーファーズイヤーという病気の名前は聞いたことがありましたが、サーファーズアイという病気の名前は初めて聞きました。サーファーズアイとは翼状片(よくじょうへん)という目の病気のことだそうです。

最近あるプロサーファーのブログをチェックしていたところ、サーファーズアイで手術をした時の記事を見て僕の目にも関係あることじゃない?って思いました。実際にサーファーズアイと呼ばれているのかわかりませんが今回は、翼状片(よくじょうへん)のことを呼ばせてもらいます。
以前自分の目を鏡で眺めていたところ、目頭の白目がでこぼこしていて何か透明な物が付着しているのにきずきました。痛みや違和感などはなかったのですが、実際のところ気になっていたし妻にも心配されていたので調べてみました。

では、翼状片(よくじょうへん)とはどのような病気でどのような症状なのでしょう?

白目の表面を覆っている結膜組織が過剰に増殖し、黒目に進入してくる病気のことのようです。良性の疾患なので、命にかかわることはないようです。
しかし手術で切除しても再発しやすいようです。最近の研究では、長年にわたって紫外線や煤煙などにさらされていると、発症しやすくなると考えられているようなので、長年海で紫外線を浴びてきている僕の目もサーファーズアイになっていたみたいです。
症状としては、盛り上がりのために目の表面が凸凹するので、ゴロゴロしたり、ごみが入ったような異物感などの自覚症状が感じられるようです。しばしば充血して赤く見えるのでそれを嫌う人もいるよです。僕も充血することが頻繁にありますが、あまり気にしていなくただの疲れ目だと思っていました。(笑)非常にゆっくりと進行していくようなのですが、進行を抑える薬はなく、ある程度進行してしまったら手術をして切除するしか今のところないようです。

日ごろ海に入るときは、肌の日焼けしか気にしていませんでしたが、目のことも気にして海に入ったほうが良いでしょうね。
外室したときや車の運転のときには、サングラスをかける人も多いと思います。そういう人でも海ではどうでしょうか?あまり見かけないのが現状の様な気がします。海の中でも使用可能なサングラスはあるようです。実際に海でサングラスをかけてサーフィンを楽しんでいる人を見かけると関心しますね。でも僕は周りの目が気になってちょっと・・・サングラスをかけて海に入っていると「何を格好つけてるんだ!」なんて思われたりしないだろうか、サーフィンが上手じゃないから目立ちたくない、なんて思ってしまってサングラスをかける勇気がないのが現実です。影響力の強いプロサーファーや芸能人がサングラスをかけてサーフィンしたり、海でも沢山の人が使用していれば、周りを気にすることもないでしょうね。
でも目のことを考えるとそんなことも言ってられないな・・・
サングラスの他にも帽子をかぶったりしたら、少しは紫外線から目を保護できますね。
他にもいろいろな方法で紫外線から目や身を守って、サーフィンを楽しんでいきましょう!