Home > サーフィン基本 > 元日サーフィン

元日サーフィン

真冬のサーフィンでさせ一般的には頭がおかしいのかと思われがちですが、そんなことは気にしないのがサーファーです。だからこそ、大晦日、そして元旦のサーフィンこそ最高の一年を迎えるための儀式みたいなものですね。
とはいえ、そんなことばかりが許されるわけもなく、家族の集まりに参加したり、子供をつれて初詣という行事も多いわけです。だから元旦は海さえ見れずという方も少なくありません。

年末年始の海の混雑具合はどうでしょうか?個人的に今まで感じている混雑状況は、大晦日はそこまで混みませんし、元旦なんて超空いてます。真夏の平日の海より空いています。しかし2日、3日になると結構混んできます。奥さんから自由を与えられた旦那さんたちが一斉に海に向かうのですね(笑)

そして元旦といえば、初日の出サーフィン!初日の出さえ見るのが困難な真冬ですが(寒いですからね)、しかもその前からスタンバイして海の上から初日の出を見ようという試み。かなり気合が必要です。12時に新年を祝っていては難しいかもしれませんね。
太平洋沿いでは地元の方々も初日の出を見るために浜辺に集まりますので、その中でサーフィンするわけですから結構目立ちます。カッコつける必要もありませんので、波待ちしているかのごとく浮いているだけでも構いませんけどね。

初日の出をバックに一発きれいに決まればカッコいいですね!完全自己満足の世界かもしれませんが、なんだか一年すばらしいサーフィンが出来そうな気がしてしまいます。

くれぐれも波のコンディションは事前にチェックして、技量にあったポイントでサーフィンしてくださいね。元旦から救助されるなんてシャレにもなりませんよ〜ホントに。

そして防寒対策もお忘れなく!南房総で入るなら構いませんが、千葉北以北で初日の出サーフィンするのであればグローブ&ブーツは必須ですし、個人的にはヘッドキャップもあるべきだと思います。朝一の海ほど寒いものはありません・・・浜辺も凍てつく冷たさで素足では歩けませんよ!
それにスタンバイするのが早すぎたりしようものなら、日の出まで寒い海の中で待たねばなりませんからね。完全防備して足りないことはありません。

今年は僕は初日の出サーフィンは出来ませんでしたが、昼間の空いている海で2ラウンドも優雅にサーフィンできました。チューブらしきものにも入れましたので、良い一年になりそうな予感がしますね!