Home > サーフィン基本 > ライトドライスーツで冬の海を体験した女性的な感想

ライトドライスーツで冬の海を体験した女性的な感想

最近しみじみ思うこと…あぁ、男女関係なくみんな結構冬の寒さがイヤだったんだなぁという事実(笑)
海も高齢化してきているのか、最近男性も寒がりですよね。女性以上にドライスーツ率も高いですし、みんな強がってただけなのねと思うほどです。

私もかなりの寒がりですから、セミドライではどうにも寒さに耐え切れず、ドライスーツか悩んでいた矢先に出てきたライトドライスーツ。ついに今年はデビューしたので感想を書きたいと思います。

ライトドライスーツとは完全な防水ではなくて、やや水が入りますよ〜という別にいい加減なドライスーツというわけではありません(笑)
完全防水ではないものの、かなり防水力がありますし、中にインナーを着れますから寒さにも強いというのが売りなのだと思います。

寒がり代表の私、ショップで働く友達とさんざん相談した結果、友達(男性)は本当に暖かいから3mmでOKで、生地も一番暖かいものでなくて大丈夫とのことでしたが、心配だったので一番良い生地で厚さも4.5mm(MAX)にしました。今回はセイバークロスのウェットスーツ、つまりセイバークロスで一番暖かいライトドライということになりました。ブーツ一体型ですからホント最強感ありますよね。

で早速1月の千葉北で入水実験!結果は・・・さ・・・寒い!!普通に寒くなった?!

想像通りでしたが、冷たい水の中に入るわけですから、ウェットの中に水が入らなくたって海水に体温を奪われていくわけです。動かず体温を上げられなければどんどん寒くなっていきます。しかも一番寒さでやられるのが足先なんですよね。ブーツ付きは海水が入らず暖かいに違いないと思っていたのですが、海水が入った方が暖かいようにさえ思えます。想像ですが、海水が入ること自体は寒いのだと思いますが、入った海水はほぼそのままでしょうから、ある程度体温で温まった状態でブーツの中にあるわけで、ブーツの外との間に少し温度の上がった海水があることで冷たい海水との間にバリアが出来るのだと思います。逆にブーツ付のウェットスーツはずっと冷たい海水と接した状態のまま。どんどん寒くなりますし、水圧でやや締め付けられますから、なんだか傷みのように感じますね。

変なこけ方をしたりドルフィンに失敗すればやはり海水が入ってしまいますから、インナーも首周りと袖周りはかなり濡れました。インナーを着ているから脱ぐのが楽なのか、着ているせいで余計気を遣うことになって脱ぎ難いのか…私はやや後者でした。
しかも体を洗わなくてOKなのは良いはずなのですが、女性的には海水が付いた首周りなどをそのままっていうのは逆に気になってイヤでしたから、結局お風呂に入るか濡れたタオルで拭くなどの工夫が必要になってしまいますね。

あと、もちろんトイレも出来ませんから、その辺はおむつをはくか我慢するか決意しなくてはいけませんね!

結論としましては、セミドライほど上がった後の寒さはありませんが、海の中では寒さを同等に感じましたし、色々面倒な点も多いです。良い点微妙な点と両方ありますので、よく検討してから購入してほしいですね。