Home > 美容・健康 > 効果的な半身浴を続けるコツ

効果的な半身浴を続けるコツ

私はかれこれ10年以上、毎日半身浴を続けています。半身浴を始めたのは仕事が忙しかった時期で、運動もほとんど出来ずになんだか老廃物が身体に溜まったままのような感じがして、肌荒れ対策や血液の流れがよくなる効果も期待して始めたのが最初でした。汗もかければ運動出来なくても少しはましかな?そう考えていましたね。
とりあえず最初はただぼーっと湯船に浸かっていただけですが、やっぱり暇で飽きてしまうわけです(笑)。暇だと余計時間が長く感じられ、本来は20〜30分半身浴していたいのになかなか達成できずにいました。そこで何か熱中出来るものをということで、最初に取り入れたのがマンガです。文字ばかりでない分読み易いですし、サイズ的にもずっと手に持っていても疲れませんよね。マンガ本の後は色々チャレンジしてみました。マンガばかりでは飽きてしまいますし、その時々でマイブームもあるのです。あまりオススメ出来ないのは雑誌。ちゃんと置く場所をキープ出来るのであればよいでしょうが、手で長時間持っているには雑誌は重すぎます。下手すりゃ湯船に落としかねませんからね。文庫本などの文字ばかりの小説も慣れれば平気です。あまり暑いと頭がクラクラしてしまうので要注意です。私は英語の参考書を今は読んでいますが、意識を集中しないと覚えられないので苦労しています。
個人的にいつかは導入したいと思っているのが浴室用のテレビやDVDプレーヤーです。防水仕様だったらお風呂場でも平気なので、お気に入りのDVDを観たりも出来ますし、半身浴を習慣にすると見たいテレビの時間とうまく調整出来ないことことがあるのですが、そういった不安も解消できるのが楽しみです。とにかく一番良いのは、リラックスして続けられるように、一番自分が楽しめることをすることです。半身浴が楽しい時間になるよう工夫することが大事ですね。

半身浴に適したお湯の量ですが、一般的には胸より下と言われています。心臓に負担をかけないためです。私は給湯器の一番少ない量を設定しています。だいたいおへその上くらいの量です。寒いんじゃない?と感じる人もいるでしょうが、長時間湯船に入るにはこれくらいが丁度いいです。最後にはかなりの量の汗をかくくらい温まっていますよ。ただし冬場はどうしても寒くなりやすいので、お湯の温度調整は大切です。しばらく「自動」設定で温度を下げないようにしたり、自分で追い焚きした方がよいでしょう。逆に夏場は暑さにすぐやられてしまいますので、42度くらいを目安に温度調整しましょう。

仲の良い夫婦であれば、一緒に半身浴するのもおススメですよ。その日あったことを話し合ったり、二人の時間を作ることが出来ますね。それに一人で続けるより、二人の方がきっと長く続けられると思います。