Home > 美容・健康 > 冬の乾燥、夏の放置肌がシワを増やす原因?

冬の乾燥、夏の放置肌がシワを増やす原因?

冬になって空気が乾燥してくると、自然とお肌の乾燥も気になってきますよね。カサカサしたり、白く粉を吹いたようになってしまったり、顔が突っ張ったような感じがしたりと、冬場の乾燥は老若男女関係なく感じているかもしれませんね。だから一生懸命保湿している方も多いですが、思った以上に保湿になっていない場合もあるのではないでしょうか?実は小じわなどは乾燥対策で保湿をしっかりすることである程度改善されるのです。だから保湿が不十分だと小じわはなくなりませんし、それがやがて大きなしわへと発展してしまうかもしれません。腕や足は普段保湿しない方も多いので、少しやるだけで足りることもあれば、服などで覆われているので乾燥が悪化したり保湿のクリームなどが無くなり難いでしょう。しかし顔はむき出しの皮膚ですし、寝ている間もずっと空気にさらされていますよね。だからこそ冬は普段のお手入れ以上に入念に化粧水や乳液、クリームをたっぷり使用するべき季節なんですね。

冬であれば「乾燥する=保湿しないとだめ」という意識が根付いているのですが、夏となれば全くもって正反対ではないでしょうか。日本の夏は湿度が高いのもありますが、夏は汗や皮脂の分泌量が多いため、乾燥対策をする人が少ないことが危ないのです。夏は乳液やクリームは付けないというのはまだしも、化粧水すら付けないという方も多いはず。知らず知らずの間にお肌は乾燥してしまいます。汗をかけば肌は乾燥しやすくなりますし、乾燥を感じ難いだけでお肌は乾燥状態なのです。

また夏は紫外線の影響などでよりシワが出来易い環境ですから、そういう意味でもしっかり保湿対策を行う方がシワ予防には大切と言えるでしょう。

シワができたら高価なクリームを塗るしかないと考えてしまう女性も沢山いらっしゃると思いますが、まずは日々のスキンケアをしっかり手を抜かずに行うだけでシワの進行を遅らせたり増やさないように出来るでしょう。

お肌の乾燥はいいことがありませんよね。乾燥した肌は紫外線の影響を受け易くシミも出来易いです。乾燥対策をせずに美白は語れずですね〜。