Home > 美容・健康 > ヘアサロンで自分の意思をしっかり伝えるコツ

ヘアサロンで自分の意思をしっかり伝えるコツ

美容室でジレンマを感じている人って結構多いのでしょうか?ほとんどの人が常に通っている美容室ですが、意外としっかり意見を言える人って少ないかもしれませんよね。実際私自身が不得意分野なんです。なので色々な人にどんな風にしているのかリサーチしたほどです。自分の意思を的確に美容師さんに伝えられないということは、思い通りのヘアスタイルにならないだけじゃなく、場合によっては不愉快な状態を我慢すると言うことになる場合もあるわけですから、やっぱりちゃんと意思表示するほうが徳でしょうね。

ヘアスタイルとは関係ないことですが、シャンプーの時に顔にかけられるフェイスシートがずれて気になるという話はよく聞きます(笑)
気になるけど直しにくいし、美容師さん気が付いて直してくれないかな…そんなモヤモヤを抱えたまま過ごすのって結構ストレスですね。一番嫌なのは顔が半分確実に出ているときです、その絵を想像するだけで切なくなりますね、そうなる前に自分で直すべきなんだと思います。

自分の好みをちゃんと伝えるべき

美容師さんが良かれと思ってやってくれたカットやカラー、パーマがちょっと微妙に自分の好みと違った時、その気持ちを上手く伝えられない場合どうしますか?「可愛くなりましたよ〜」なんて言われてしまうと余計否定し難くなりますよね。意に反するのでイイとも言えないですし、かといって気になる点ももちろん言えません。私の場合「ありがとうございます!」とあたかも気に入っているかのように笑顔でそう答えます。
そうするとどうでしょうか、多分美容師さんはOKだったんだと思ってしまうでしょうね。そうなれば「これはこの方の好みだった」と記憶されるかカルテに書かれてしまいます。そうなれば次回からも同じにされるか、その要素を入れ続けられてしまいかねませんね。

私が聞いたしっかり意見を美容師さんに伝える人の話ですと、カットであればカットしてる途中からちゃんと意見を言うべきとのことです。「もう少しここ切って〜」とか、「ここ忘れてないよね?」とか。カットしている最中に伝えることが大事だとか(う〜ん、言い難い)

またカラーやパーマなど終わらないと分からないものは、結果を見たところで「今日はこれでOKだけど、ここはあまり好きじゃないから、次回はもう少しこうして」など、その時に意見をちゃんと伝えておくそうです、そうすることで次回につながるわけですね。

好みや意見を言うと美容師さんが傷つくかもと優しい人は心配になるのだと思いますが、美容師さんはそういう意見は聞くほうが絶対いいはずなので、気負わずに勇気を出して伝えてみましょうね!