Home > 美容・健康 > 体を洗うベストな順番

体を洗うベストな順番

体を洗う順番なんて、あまり気にしたことが無いという方も多いと思います。特に男性であれば「考えたこともない!」と何聞いてるんだと呆れられそうなぐらいですが、ちょっと前は体を洗う順番で性格が分かるとかっていう話も流行りました。

性格診断や男性の言い分は置いておいて、女性であれば多くの人が洗う順番を考えて洗っているのではないでしょうか。もちろん基本的には無意識というか、子供の頃からそうやって洗う癖がついているのだと思いますが、洗うのに良い順番を意識して変えていたりするものですね。

性格診断だと、腕から洗うのか、足から洗うのか、腹からか・・・という話ですので、別に重要性はありません(洗)
どこからでも洗ってください、もしリンパを意識するのであれば足から上に進むのが良いかもしれませんが。

ここで体の洗うのに良い順番の話は、体を先に洗うのか、頭を先に洗うのか、顔を先に洗うのか?という順番です。なぜ洗う順番が大事なのかというと、肌に残る成分があるからですね。

先に答えを言ってしまえば、一番最初に洗うべきは頭で、次に体、最後に顔がベストだと思います。なぜ頭を一番最初に洗うのかというのは、シャンプー後にリンス(コンディショナー)をするわけですが、このリンスが洗い流す時に顔や背中などの皮膚について残ってしまうことで、毛穴を詰まらせる原因になったり、肌には不要な成分が残る可能性があるからなのです。頭の洗い方にもよりますが、気にせず適当に流せば皮膚に残ってしまいます。
いくら体に残らないように流しても、お風呂であれば完全にやることは不可能に近いかもしれません。だからこそ、頭をに洗っておいて、その後に体を洗えば皮膚に残る心配がありませんね。だからまず頭を洗って、そして体という順番になるのです。

体が先か顔が先かは絶対ではありませんが、ボディソープの泡などが顔に飛んだりが内容にということで、顔が一番最後が良いでしょう。また、顔が乾燥しないようにもお風呂に出る直前の方が理想的ですね(風呂場がそんなに乾燥している可能性は低いですが、普通は湯気でムンムンですよね)

背中にニキビが出来る人などの原因の多くが、洗い残しやすすぎ残しが挙げられますが、一番はリンスが残ってしまうことが原因だと言われています。
リンスは本来髪の毛に付けるものであって、皮膚に付けるものではありませんので、ぜひ洗う順番を意識してみていただくと良いでしょうね。