Home > 美容・健康 > 自家精米を始めよう!米ぬかの便利な利用法

自家精米を始めよう!米ぬかの便利な利用法

ご家庭で精米機で美味しいお米を精米する方法に続き、どうしても出てしまう米ぬかの利用法について考えたいと思います。

糠使用頻度50%:ぬか漬け

糠と言って連想するのは一番にぬか漬けでしょうか。
そう聞いて腰が重くなりましたか?安心して下さい。実はぬか漬け作りは簡単なんですよ。私も半年ほど続けていましたので断言できますが、ぬか漬け作りに必要なのは継続力と深い愛情だけです。
ぬか床自体は、材料さえあればすぐに完成します。作り方はネットで検索すればたくさん出てきます。ご存じのように、ぬか床は毎日混ぜてあげる必要があるのです。愛情を持って水を拭いてあげたり、時には外出先からぬか床のことを心配してあげられるくらいの愛情がいるわけです。
残念ながら、漬物が特に好きではない私にとって、ぬか漬けとの愛を育むことは出来ませんでした・・・。

糠使用頻度20%:ぬか袋美容法

しみやそばかすにも効果があるというぬか袋美容法。ぬか袋とは、ぬかを木綿の手拭いで作った袋のことですが、別に袋じゃなくて布のままの方が使いやすいという意見も。
ぬか袋はお風呂に入る前に準備しましょう。ぬか袋に適量のぬかを入れ、お風呂で濡らしながら体や顔を優しく擦るのです。ぬかエキスで、お肌がつるつるになります。
ただ、ぬかは毎回新しいものに変えてくださいね。その交換が以外と面倒なんですけどね。。

糠使用頻度100%:廃油処理

我が家で実践度100%の一番役に立つ利用法です。我が家ではまとめて処理していますが、都度行っても良いでしょう。
破けていないビニール袋にぬかを入れ(心配なら袋は2重にしましょう)、そこにただ廃油を入れるだけです。ぬかが廃油を吸ってくれます。少し外からモミモミすると早く吸ってくれます。これを始めてから、いつも面倒だった廃油のゴミ出しが非常に楽になりました。

その他にも、肥料に使用したり、釣り餌にするなんて方法もあるそうですので、色々調べてみると楽しいですよ。