Home > 美容・健康 > 禁煙で健康と貯金を手に入れる

禁煙で健康と貯金を手に入れる

私の父は超ヘビースモーカーでした。家の中の壁紙は黄色く変色し、父の車は常にタバコ臭く、そんな父を毛嫌いして育ってきたのに、自分も若かりし頃はタバコがカッコイイと感じて吸っていた時期もありました。私自身はそんなにタバコに依存していなかったので、吸う本数が徐々に減り、日に2〜3本になった時に「これだったら吸わなくても同じでしょ」と思ったのをきっかけに止めてしまいました。止めてみると周りのスモーカーの臭いが異常に気になるようになりました。レストランなどでも横に喫煙する人が座っていると非常に不愉快になるほど今では煙草の煙が嫌いです。

こんなに喫煙者が迫害されているご時世であっても、どうしても煙草を止められない人がたくさんいるんですよね。何か究極の選択にでもならない限り、止めることは出来ないのかもしれませんね。現にうちの父は、咳が酷く止まらなくなり、具合も悪くなったところで約40年のスモーカー人生を終わりにしました。一生止められないと家族のだれもが思っていましたが、多分死の危険を本人が感じたのでしょうね(笑)、信じられないほどあっさり止めましたよ。

そんな状態になるまで待つのは非常にリスキーですし、一歩間違えば本当にご臨終かもしれません。煙草が原因で死ねるほど煙草が好きですか?そうでなければ止める努力をしてみましょう。煙草代はこのままどこまで上がるのか分かりませんが、今以上に値上げされることは間違いないはず・・・海外ではもっと高い国がたくさんあるのですから。
禁煙すれば、その分を貯金出来ます。しばらくは吸ったふりを続ければ、奥さんは煙草代のお小遣いをくれますから、それを自分だけの貯金にすればいいのです。我慢できないのであれば、その浮いたお金で何か買ってみてもいいでしょう。消えてなくなる煙草の代わりに、お金や物が残る喜びをぜひ味わってみてください。1日500円だとして1ヶ月で15000円。これだけのお金があればかなり選択肢が生まれます。貯金すれば1年で15万円ですから、海外だって行けちゃいます。そうやって考えると、害を得るためにそんな莫大なお金を払っているなんて、あなたはかなりのブルジョワってことですよね・・・。

昔は煙草を吸ってるとカッコ良く見える時代もありましたが、今は吸わない方がカッコイイ時代になってきたように感じます。カッコ良いというより悪いイメージの方が強いのかもしれません。

貯金と健康が手に入る禁煙、チャレンジしてみるだけの価値はあると思いますよ。