Home > 美容・健康 > 扇風機やエアコン使用と健康の関係

扇風機やエアコン使用と健康の関係

最近では扇風機が家にないご家庭も多いのかもしれませんが、エアコンが主流になった今の時代でも大活躍する扇風機です。体感温度が下がるだけで涼しく感じるものですし、汗ばんだ肌に風があたれば気持ちよいですよね。とはいえ、真夏の寝苦しい夜に扇風機だけで過ごすには結構キツイのも事実です。夜通しあたりっ放しも体に悪そうですから首振りを設定したりしますけど、そうすると暑いわけです。また、自分以外にも同じ場所で寝ているのであれば、みんなに風がいくようにするでしょうから、結局みんなが均等に暑い思いをしているのでしょう。暑いと熟睡できない場合もありますから、結果的に寝不足になってしまい、余計に体が疲れた状態で夏バテ気味になってしまいます。だからといって、やはり夜通し扇風機の風があたっているのはあまり良くないでしょう。朝方は少し気温も下がりますし、窓を開けていれば外の冷たい風が入ってくる場合もありますよね。こうなってくると、暑さ&寝不足を取るのか、快適さと体調不良の原因を選ぶのか・・・という究極の選択になってしまいますね(笑)。
そんな葛藤もあるでしょうし、更なる快適さを求めてエアコンを使用する人が増えたのかもしれません。部屋中涼しくなるということは、扇風機のようなみんなで暑いということもありませんし、風にあたりすぎるということも起こりません。じゃあエアコンを一晩中使っていれば良いのかという話ですが、それも体に悪そうです。エアコンの利き過ぎた環境に慣れてしまうと、真夏の外の暑さに体がついていけず、それこそ夏バテまっしぐらです。
日本の夏は湿度が高く蒸し暑いのが暑さの原因ですから、湿気を取るだけでずいぶん涼しく感じるものです。我が家でもエアコンは冷房ではなく除湿を利用しています。冷房は1度も使ったことがないくらいです。設定温度高めの除湿でもかなり心地よい環境になります。動き回るには暑い時もありますが、寝る時間であれば関係ないでしょう。個人的にオススメなのは、エアコンと扇風機の上手な両立です。温度が上がりすぎた室内をエアコンのパワーで快適なレベルまでもっていき、後はエアコンを止めて扇風機の風で空気を循環させます。真夏であれば、これを繰り返しても良いでしょうから、環境にもエコな方法だと思います。就寝前でも同じで、あらかじめエアコンで寝室の温度を快適なレベルにしておいて、寝る時は扇風機の首振りやリズム機能を利用したりタイマーを設定すれば、かなり快適な環境で寝ることが出来ると思います。涼しければ過ごしやすいのも当然ですが、健康のためにもエアコンや扇風機は適度に使用するのがよさそうですね。