Home > 美容・健康 > マラソンの暑さ対策

マラソンの暑さ対策

最近ではマラソンやジョギングブームも定着し、都会派のスポーツ的なイメージがありますよね。どんなスポーツでも同じですが、一時だけやっていては趣味とは言えませんし、1年中継続して続けることにも意味があります。とはいえ、季節によって色々な厳しさが伴うスポーツも多く、私の場合真冬のサーフィンはまさにかき氷の中にいるような感覚であり、楽しさ以上に寒いです(笑)。マラソンだって四季折々の風景を楽しめる特典がありますが、過酷な季節としては夏かもしれません。冬は寒いのは最初だけで、走って温まれば寒さなんて吹っ飛んでしまいますね。しかし夏の暑さの中でのマラソンは、より一層暑くなるだけで、走ると風が気持ちいい〜なんて言えるのはオリンピック選手くらいなものでしょう。
炎天下のマラソンが危険なのは言うまでもありませんが、朝晩の比較的涼しい時間帯を狙っても、太陽の強い日差しやアスファルトからの熱は想像以上に身体に負担が大きいことでしょう。張り切った気持ちのせいで、少しくらい辛いと思ってもいつもと同じ距離を走りきってしまっていませんか?マラソン中に熱中症になって病院に運ばれる人が後を絶たないもの頷けますよね。軽い熱中症で終われば幸いですが、命にかかわるケースもありますから無理は絶対に禁物です。

マラソン中の暑さ対策といえば、先ほども書きましたが時間帯は非常に大切です。真夏であれば、朝は出来れば日の出前から走るようにしたり、夕方もかなり日が沈んでからを狙いましょう。早朝とはいえ日が出てしまうとかなり暑いものです。日差しも結構なダメージです。夕方も同じで、暗過ぎる場所でのマラソンは危ないですが、ある程度涼しくなる時間を選んでください。
そして大事なのは水分補給ですから、かならず飲み物を持って走りましょう。水を頭や服にかければ冷却効果も得られて一石二鳥ですね。かける分を持って走るのは大変ですので、走り始める前にある程度服や髪の毛を濡らしておくのも涼しいでしょう。また、ケーキなど買うと付いてくる保冷剤をスカーフに包んで首に巻いたり、市販の専用品を利用して身体を冷やすこともいい方法ですね。濡らしたタオルを首に巻くだけでもかなり違います。

体調が悪い時ですと暑さにも弱いものです。夏バテなど少し体調が悪いと感じた時は、勇気をもってその日のマラソンはお休みしましょう。無理しても翌日に響くだけですから、スポーツマンとして自身の体調管理だけはきっちり行ってくださいね。