Home > 美容・健康 > 歯が痛い・・・でも虫歯ではない理由

歯が痛い・・・でも虫歯ではない理由

皆さんは歯医者にどの程度の頻度で検診に行っているでしょうか?歯医者にもよるかと思いますが、3〜6ヶ月に一度の検診を薦めることが多いように思います。歯磨きを一生懸命毎日朝晩行っていても、歯磨きだけで食べかすや歯垢、歯石は完全に取り去ることは出来ません。だから定期的に歯医者に行って、自分では取りきれなかった汚れや歯石を取ってもらうことが大切なのです。中にはほぼ完璧に歯磨きできるひともいるかもしれませんが、それでも定期検査をするために半年〜1年に一度は診てもらった方が良いでしょうね。

定期的に歯や歯茎の健康状態をチェックしてもらえば、虫歯が出来ていないか、歯肉炎になっていないか、歯磨きが適正に行われているかを診てもらえますから、万が一虫歯や歯槽膿漏なんかになっていても早期発見が出来るのです。歯は一度失ってしまうと再生することが出来ない大切な家宝みたいなものです。今は色々良い入れ歯や差し歯がありますが、やっぱり自分の歯で食事することが一番だと思いますので、そんな一生モノの歯を大切にしていきたいですね。

とはいえ、必要以上に歯医者に行っていると嫌な顔をされることは想像がつきますし、イチイチ嫌味を言われてしまうかもしれません。私は先日昔虫歯を治療して上にかぶせている歯が数日間痛くて歯医者に行きました。結構予約が取れない病院で、早くて1ヵ月後と言われてしまい、仕方なくあき時間が出来るのを待ってみてもらいました。何度か今まで痛くなったことがあったのですが、1〜2日で収まってしまう状況が続いていたので放っておいたのですが、今回には傷みが数日続いたため「万が一虫歯が出来ていたら困る」と考え、最悪な状況になる前に歯医者に行くことにしたのです。随分昔に放置しすぎたことで怒られたことがありましたので、そうならないよう早目の対応を心がけたのです。

歯医者で見てもらうと「表面上は異常が無い」ということで、レントゲンを撮ることになりました。結果「虫歯はないですね」と厳しい(?嬉しい?)言葉をいただきました。では何で歯が痛くなるのかという問いには「歯が痛いのではなくて、体のほかの場所が痛いことで相乗的に歯が痛く感じることがあるというのです。だから虫歯や歯槽膿漏などが原因ではないということでした。え?歯の痛みが歯じゃないの?!という感じでしたが、体の仕組み的に起こりうるのだそうです。筋肉の痛みが歯の痛みと勘違いすることもあるのだとか(ホントに?)

素人判断は危険ですので、おかしいなと思った時は歯医者に行ってちゃんと専門家に見てもらうべきですね。