Home > 美容・健康 > 歯の隙間にはフロスか歯間ブラシがどちらが有効か

歯の隙間にはフロスか歯間ブラシがどちらが有効か

先日約1年ぶりぐらいに歯医者に検診に行きました(笑)、もちろん半年後に来て下さいねと言われてましたから、かなりサボっていたことになりますね。歯石を取ったりは定期的に行うことが重要で、毎日ちゃんと歯磨きしているつもりでも、完璧に隅々まで出来る人も少ないですから、歯医者さんで普段取りきれていなかった汚れや歯垢、歯石をお掃除してもらうべきなんですね。

ちゃんと律儀に一定の周期で歯医者に行っている人もいれば、私のように伸ばし伸ばしにしている人もいれば、どこか歯が痛いとか問題が起きない限り歯医者に行かないという人もいるでしょう。ちなみに私は後者の二つで今回歯医者に行きました。でも毎回思うのが、今度からはちゃんと定期的に来よう!ということです。歯は一生物の財産ですから、虫歯になって抜かなくちゃいけないというような重度の結果でないにしても、歯槽膿漏になったり歯茎が痩せてしまったりということを早期発見して未然に最悪の事態にならないよう予防することが大切ですね。

結局「歯磨きが不十分」、「歯と歯の間に汚れが溜まっている」、「歯周ポケットが深い箇所あり」とどれも耳を塞ぎたくなるような注意勧告を受けてしまいました。自分ではまんべんなく隅々まで磨いているつもりなのですが、どうやら結果はそうではないようです。

そして推奨されたのがフロスと歯間ブラシの使用です。歯と歯茎の形状からして、歯ブラシだけでは上手に磨けない箇所がたくさんあるそうで、その歯ブラシでちゃんと磨けないであろう場所をフロスや歯間ブラシを使ってお掃除しなさいというアドバイスでした。
どちらでも良いということでしたが、最終的には歯間ブラシをオススメされました。歯間ブラシはサイズもあるので入る入らないという問題もありますが、歯間ブラシの方が磨き易いであろうという私の歯の状態を見てのアドバイスでした。サイズは一番小さいものをということで、試してみたらほとんどの歯の隙間に入りましたから、意外といけるんだという驚きでしたよ(普通はこんなに歯の隙間はないはず・・・)

フロスも場合によってはより向いているのかと思いますが、歯間全体をお掃除するのであれば、フロスより歯間ブラシのほうがお掃除は楽だしやり易いですね。単価は高そうに思いますが、歯間ブラシは毎回新しいものに換える必要はありませんので、使用後はよく洗って1週間ほどを目安に交換すれば良いと思います。フロスは使い捨てですから、そんなに歯間ブラシのコストが高いというわけでもないでしょうね。

一番良いのは両方用意しておいて、歯の状態に合わせて使い分けるのが一番良いかも知れませんね。