Home > 美容・健康 > 腰痛にストレスは大敵

腰痛にストレスは大敵

僕は仕事で重たい荷物を運んだり、同じ姿勢での作業でかなり腰に負担をかけてしまっています。以前はすぐに回復していましたが年々回復も遅くなりました。また趣味のサーフィンを長時間したりするのでそれもまた腰に良くありません。腰に痛みやだるさを感じたときは安静にしようと心がけていました。
しかし必ずしも安静より運動をしたほうが腰痛には良いこともあるそうです。

あるとき新聞で腰痛の記事を読みました。記事によると約2800万人が腰痛に苦しんでいるといわれ、「現代の国民病」ともいわれているようだが、大半は原因がはっきりしていないらしい。
日本整形外科学会と日本腰痛学会は腰痛の治療法を分析して、安静(骨折や麻痺などがない場合)は推薦しなく、腰を引っ張る牽引療法は根拠が無いとまとめ、抗炎症薬や鎮痛薬、ストレッチなどの運動を強く勧め腰椎コルセットや温熱療法を推薦しています。病院の画像診断で異常が無くても痛みを感じることもあるし、異常があっても痛まないこともある。学会の指針は全例への画像撮影は必ずしも必要でないとしている。それでも注意が必要な腰痛は、がんや腰椎骨折、椎間板ヘルニアなどが原因の場合だ。これらの病気の疑いがあれば、画像診断で原因を突き止め、治療する必要がある。
3ヶ月以上続く慢性腰痛ではストレッチや腹筋と背筋の強化、ウオーキングなどの運動を勧めている。また腰痛にはマイナス思考やストレスもよくないこともあるようだ。腰痛の予防や悪化を防ぐには、正しい姿勢や体の使い方が大切のようです。立っているときは背筋を伸ばし、おなかに力を入れる。いすに座っているときは深く腰をかけ背中を密着させ、上半身を机に近づける。物を持ち上げるときは膝を十分に曲げて物を体に近づけるとよいそうだ。

僕の場合は仕事で重たい荷物を運んだり、同じ姿勢での作業が多いので正しい姿勢で作業をするように心がけたいです。またマイナス思考にならづストレスを溜めないようにしようと思います。また趣味のサーフィンでは長時間は避け腰に負担をかけない適度に楽しみたいと思います。腰痛でも筋力や柔軟性をつけると良くなることも多いようなので積極的に柔軟体操や筋肉強化に努めたいです。

日ごろから心のバランスを整えて、正しい姿勢での生活を心がけましょう!また安静にするより適度な運動は腰痛によいので少しでも運動するように努力しましょう。