Home > コラム > 千葉のユーザー車検

千葉のユーザー車検

我が家の車一台(妻用)の車検が、あと1ヶ月で切れちゃいます。ディーラーからも車検に来ましょうって案内ハガキが届きましたが、現在どうしようか悩んでいるわけです。 なぜかというと・・・この車、外車な上に非常に古い(ただのポンコツ)のです。走行距離は10万キロぐらいですが、後部座席の窓は閉まらない(ガムテープで留めてます)し、エアコンからはゴミが噴出されるし、イマイチまっすぐ走れないし・・・。とにかく買い替えたいと思っているわけですが、問題は今買えないってことなんですよ。

車を買えない理由、もちろんお金はありませんからローンになってしまうのですが、そのローンを組んではいけないのです。。実は少し前から新居を建設中でして、その引き渡しが終わるまではローンを組むなときつ〜く止められている次第なわけです(家のローンに問題が出る)。家の問題が無ければローンを組んで新車(中古車)を購入すれば良いのですが、現状そうもいきません。

そこで発生する選択肢は、

  • 車は廃車、妻用の車なし
  • 車検を通して乗り続ける

の二択になるんですが・・・この千葉の田舎生活で車のないのは致命的。僕が仕事帰りに高度なおつかいを頼まれることも、出来れば避けたいですし。
とはいえ、出来るなら買い替えたい車にわざわざ高いお金を出して車検するのは勿体無い気持ちになるわけです。あと2ヶ月程度後ならローン組めるわけですしね。

そこで思いついたのがユーザー車検。ご存知の通り、自分で陸運局出向いて車検を通すわけです。
費用は修理などが無ければ8万円程度で済むようですから、ディーラーでお願いするよりはるかに安くなるのです。だけどその分、手間はやっぱり掛かります。しかも不慣れだと色々大変そうな感じ。
いつも個人でユーザー車検を行っている知人に聞いたところ、「女の人が行った方が圧倒的に親切だ」というのです。男だと何も言われずにNGを付けられることでも、女性には「もっと強くブレーキ踏んでみてください!」なんて言っちゃうらしいのです。
そうなれば所有者でもある妻が行った方がいいだろうと話し合いの結果決まったのですが、本人は気が重い様子。ネットで調べると「下見必須」なんて書いている人もいるぐらいですから、なかなかみなさん緊張もあってうまくいかないことがあるのでしょう。知人的には「相当な問題がない限り大丈夫だよ」と言っていますが、タダじゃないだけに不安ですよね・・・。

多少手数料を払ってでも、安心感がある委託の車検が一番良いかもしれません。有名な会社ですと、株式会社ホリデーのホリデー車検なんかがメジャーですね。その他にも車検代行してくれるところはたくさんありますし、サービスや値段も様々です。やっぱり近所が一番便利でしょうから、まずは近場から探すのが良いでしょう。 会社員が会社を休んでユーザー車検に行くんであれば、その分働いて業者に依頼する方が楽だし安心だと思います。慣れないとなかなか大変なのは事実みたいですからね。