Home > コラム > 冬のボーナス

冬のボーナス

年末になると、今年もあと少しか〜と思うのと同時に、もうすぐボーナスだという密かな喜びも大きいのです。年に二度だけの貴重なボーナスですから、実際自由に使えるわけではないのだけど、「今年一年俺も頑張った」というような自己満足に浸れるのも確か。少しくらいは欲しいもの買おう(買ってもらう?)かな・・・とか思い巡らせるだけで楽しいのです。

最近の不景気ですから、ボーナスカットという企業も少なくないのではないでしょうか。大幅な人員削減に奔走する企業が多いのも事実ですから、「ボーナスカット」で済むくらいならまだマシなのかもしれませんね。首を切られるのも手取り金額が減るのも結局のところ生活が苦しくなるのは同じですから、どうやって節約するか、何にどれだけお金をまわすかは悩むところですよね。住宅ローンも繰り上げ返済したいけど、車もそろそろ買い換えたいので頭金が必要だし、子供のために貯金も大切・・・本当に趣味や好きなことのために使えるお金なんて微々たるものです。最終的に我慢することになるのも、こういった趣味や道楽的なことですよね。
悩みに悩んだあげく、とりあえず貯金しようと考える家庭が多いのかもしれません。ローンの繰り上げ返済するにしても、今すぐでなくても良いのであれば、何かあった時のためと貯金がベストだと考えるわけです。とはいえ、すこしでも高金利と考えて定期預金にしてしまったりすると、急に必要になった時にお金がおろせないなんてこともあります。利息やスワップ狙いの外貨預金・FXなど利用している場合も同じです。相場の変動などの影響で、思うように動かせない事態に陥ることもしばしば、結局長期保有を強いられることがあるのも理解する必要があるでしょう。

「どのサービスが一番損しないか」と、最も得が出ることばかりで数字計算していると、存在するデメリットに気がつかないことがあるのです。リスク回避を事前に考えることは非常に重要で、メリット・デメリットを考慮した判断をすることが大切なのではないでしょうか。3番目に有益な選択肢でも、トータルで判断すれば一番お得で安全な選択になることもあるのです。

せっかくのボーナスですから、無意味な損失は出来るだけ避けたいですが、将来のための自己投資なんかも必要だと感じます。資格取得のための教材購入と少額で済む自己投資でも、強い意志さえあれば何倍にも値することを得ることも可能だと思います。