Home > エコ(ECO) > ペットボトルの有効活用法

ペットボトルの有効活用法

ペットボトルと言えば結構多くの人がリサイクルする資源の一つですよね。コンビニや駅など、多くの場所でペットボトル専用の分別ゴミ箱が設置されていますよね。だから気軽にリサイクルできているのだと思います。わざわざ分別用ゴミ箱を探して捨てるリサイクル意識の高い人もいますが、なければあるゴミ箱にポイという人だって多いはずです。

リサイクルが浸透していることは良いことですね。今ではペットボトルの蓋も別の資源へとリサイクルがされていて、それを分けて捨てる日本人が好きですよ。ちゃんと環境さえ整えばみんな協力的なんだと関心させられますよね。

大切な資源としてリサイクルすることが一番理想かと思いますが、ペットボトルには色々便利な使い方があるのも事実です。リサイクルの合間に有効活用する方法を提案してみたいと思います。

まず結構昔から流行っている?のが、猫撃退グッズとしての利用法(笑)
水を入れただけのペットボトル(基本は1.5Lなどの大きいサイズ)をダダッと何本もひたすら並べるだけのお手軽な方法。これで本当に猫が来ないのかと疑問に思う人も多いでしょうが、少なくとも我が家の近所の猫は気にせず素通りしているようでしたね。昔嫌がって逃げた猫がいたのでしょうから、効かないこともないのかもしれませんが、ビジュアル的にはかなり危険ですね。しかも日のあたるところに置いておいたら中で何かの微生物が繁殖して何か起きそうで怖いです。

さてかなり現実的な案ですが結構使えるのが、携帯用ドリンク入れとしての使用法です。そもそもペットボトルは飲み物を入れるためのものですが、最適なのは当たり前。通勤などにはミニサイズのペットボトルがオススメで、ちょっとだけ飲み物を持って行きたいOLさんなんかに良いでしょう。会社ではコーヒーを入れて飲むけれど、長い通勤時間に口を潤すためには便利です。ただし入れ替えて飲むのですから、その日のうちに飲みきりましょうね!夏場は変なことにならないよう注意してください。

我が家では米のとぎ汁をいれる容器にとしてペットボトルを利用しています。毎回植木にお釜のままあげに行くのは大変ですので、いっぱいになるまで貯められますし、形状が植木にあげやすくて使い易いですね。ただそのまま何ヶ月も洗わず使っているせいで、中はすっかりカビで真っ黒です。あまり酷いと植木にも悪そうだな…と今気が付きましたが。

まだまだ色々な使い方がありますので、ぜひ次回書きたいですね〜。