Home > 英語・英会話上達のコツ > 英会話スクールで緊張して話せない

英会話スクールで緊張して話せない

英会話上達の必須条件として、実際に会話することですよね。教科書と睨めっこして文法や単語をめいっぱい詰め込んだからといって、すぐにスラスラ会話出来る人はそうそういないのではないでしょうか。日本人はリスニングも苦手ですので、文字として読めば理解出来る英語でも、実際に外人が話している英語になると全く聞き取れないことが多いのです。また、自分の言いたいことを英語として話すことは、経験値をつまないと上達しないものですね。だから基礎がしっかり出来てから英会話スクールに通うのは非常に良いと思います。スクールで外国人講師とどんどん会話することで、覚えただけの英語が初めて身に付くのだと思います。
そんなわけで、英会話スクールに通う段階はマチマチかもしれませんが、英語を習得したいと考える人で英会話スクールに通った経験がある人はすごく多いのではないでしょうか?もちろん私もそんな人間の一人なわけです(笑)。私が通っていたのは今では懐かしいNOVAでして、専門学校時代に放課後通っていたのです。当時の私は英語の基礎は高校生レベルだったように思いますが、とにかく「外人としゃべりたい」というある意味純粋な気持ちで通っていたように思います。しかし不思議なものなんですが、相手の容姿が見慣れないというだけで、なんとも緊張してしまうのです。見つめ合う目の色が違うこと、髪や肌の色も目新しい感覚ですし、なんとなく向かい合っていると緊張してなりません。先生ですから、中には日本語がぺらぺらな方もいるのですが、なぜか日本語で話すことも緊張してしまう始末・・・。なんとなく日系の先生であれば緊張度もだいぶ和らいだのですが、問題はもちろん英会話の方にも存在します。自分の自身のない英語を口に出すのは結構勇気がいるものですね。間違ってるんだろうか〜、こんな時どうやって表現するんだ〜なんて気持ちでドキドキしながら話しているせいもあり、一人で練習する時には簡単に声になる英語ものどを通りません。先生はずっとまっていてくれるのですが、ある意味それも余計緊張させるわけです(笑)。結局いつもあまり自由に会話できず、なんだかしっくりこない一日だったな・・・と落ち込むこともしばしばありました。結局のところ、外人という存在になれない限りはすらすら話すことが出来ないのかもしれません。しかしながら、さらに高度な環境(例えば海外にホームステイなど)に追い込まれた時であれば、切羽詰まってなのか必死で話そうとしていたりするので不思議です。