Home > 英語・英会話上達のコツ > 英語のlistening (リスニング)能力を鍛える方法

英語のlistening (リスニング)能力を鍛える方法

私の場合、生まれもっての悲劇なのか、幼い頃からの生活環境とかが関係しているのかはなぞですが、リスニングが全くダメなんですね。そもそも英語だけでなくて、日本語の歌なんかも聞き取れないことが多くて、かなりあいまいに覚えてばかりです。たしかに多くの人が日本語でも聞き取れない歌はたくさんありますが、私の聞き取れない歌をダンナはしっかり聞き取っています。なんで?と言われるくらいですから、本人にしたら聞き取れるのが当たり前なのでしょうね。日本語でも聞き取れないと分かった時、私ってリスニングが苦手なんだと感じました。英語が聞き取れない耳があるとは昔からいいますが、全くその通りなのかもしれませんし、聞き取り自体が苦手なのだと思います。

とはいえ、聞き取りが出来ないことには会話にはなりませんよね。英語の本を読みたいだけならリーディング能力だけで十分なのでしょうが。だからいかに聞き取れるようになるかが鍵です。日本語でも、最近番組によっては所々言っていることの字幕が出ますよね。意外と耳から聴く以外にもそれを読んでいることが多いと感じました。聞き取るよりも読む方が確実で早いのでしょう。日本語でも聞き取りにくいことってありますよね。でも結局慣れている言葉だからこそ、前後の言葉や話の流れで内容を聞き取れるのです。細部が分からなくても大丈夫なのです。

でも英語の場合、いくつか単語が聞き取れないだけで意味が分からなくなりますし、パニックになればなるほど聞き取れない状態になってしまいます。
だからこそ、大事なのは語彙を増やすこと、多くの単語を覚えてその音を耳で聞くことしかないのだと思います。初めての英語から聴いているappleなんて簡単な英語は、どんな長い英語の文章の中でも聞き取れるはずです。

たとえ性格が完ぺき主義者のA型でも、英語の習得には「なんとなく」から始めないといけませんね。いきなり完璧を求めては失敗します。最初は「なんとなくこんな話のことかな?」から初めて、詳細まで理解できるようになればよいのです。

知っている単語ばかりの文章であれば聞き取れる可能性は高くなります。もちろんネイティブの流暢な会話には耳が間に合わないことの方が多いですが、耳が慣れるくらい何千時間も聴くくらいの気持ちで臨まないとダメだと心得ましょう。自然と耳が聞き取れるようになるには、私たちが生まれてから聴いてきた時間を考えると膨大なのは当たり前ですからね。