Home > 家を建てる > 脱衣所の暖房

脱衣所の暖房

寒さも厳しい真冬になると、湯船の設定温度も高くして、とにかく体の芯まで温めたいと思いますね。冬のお風呂上がりはすぐに寒くなってしまいますから、お風呂でしっかり身体を暖めておけば、その後の快適さも違ってきます。就寝前であれば気持ちよく寝ることも出来るでしょうね。
だから寒がり代表の私にとってお風呂はとても大切なのですが、1つとても嫌なことがあります。それが脱衣所の寒さなのです。我が家の脱衣所は勝手口も同じ場所にあり、外気も入り易い環境なのだと思います。そのせいもあり、締め切りにした脱衣所はひやひや〜の寒さです。脱衣所なのに服を脱ぎたくないくら寒くて、入る前であればお風呂があるという気持ちでささっと脱いで湯船にドボン出来るのですが、嫌いなのが上がる時なのです。
せっかく暖められた身体でも、お風呂場のドアを開けた瞬間脱衣所の寒気が流れてきて、一気に寒くなってしまうのです。タオルだけとって風呂場で身体を拭くものの、その後出るのが嫌になってしまいます。
一番いいのはリビングと脱衣所のドアを開けておき、暖房の暖かい空気を脱衣所に送ることですが、勝手口から入る寒い空気があるため、リビングまで寒くなりそうでそうそう開ける気分になれません。入浴後だけ我慢すればよいのだと思うものの、真っ裸で濡れている身体が感じる寒さと言うのは何倍も寒く感じるのです。
そんな脱衣所を暖かくするには、やっぱり脱衣所専用の暖房を入れるしかありません。主人に言うと「1日に数分しかいない脱衣所にわざわざ暖房がなんで必要なの?」と怪訝がられてしまいますが、それでも必要であることを強調しつつ、家計の財布を握っている妻の特権として、勝手に購入してしまうのがベストでしょうね。とはいえ、無駄な買い物だけはしちゃダメですから、どういう暖房が向いているか考えてみると、

1.脱衣所にはほとんどいない
2.いる時間はいつも限られている
3.その時だけ暖かいだけでいい

という条件から、起動が早く、すぐに暖かくしてくれる暖房と言うことになります。少なくとも温風をガンガン出してくれるのであれば、体感温度だけでも寒く感じないように思います。また、脱衣所という場所的に「狭い」ところですから、出来るだけ省スペースであることが望ましいですね。比較的安価で暖かさも保証されたストープやファンヒーターは大掛かり過ぎますし、短時間居るだけの場所向きではありません。サイズも大きいですし。ハロゲンヒーターはサイズ的にも使い易いですが、当たっていないと意味が無いのでNGですね。蓄熱式暖房機も考えましたが、コストがかかることやある程度設置場所が必要であることから難しいですね。というわけで、ちょっと電気代がかかりそうでも、電気ヒータ−が良いのだと思います。スイッチオンですぐに暖かい温風を出してくれますし、サイズが小さいこともばっちりです。使用時間が短いですから、電気代もそこまで心配なさそうですね。

寒さには代えられないということで、多少の出費をしてでも脱衣所に暖房を設置したいと思います!