Home > 家を建てる > 芝生のお手入れ 2

芝生のお手入れ 2

憧れた芝生の庭を維持するためには、芝生のお手入れは必要不可欠です。簡単ですがコツコツお手入れを続けないといけないので頑張りましょう。芝刈りやサッチ対策に続き芝生のお手入れで大変なのは雑草です。我が家の芝生も張り終えてから一年目は雑草が気にならない程度でしたが、年々雑草が生え放置していると大変なことになってしまいます。我が家の庭の雑草対策は一番時間と体力を要する方法で地道に雑草を抜いていく方法をとっています。ホームセンターで芝生専用の除草剤が売っています。近所の人や知人が芝生専用の除草剤を使用した話を聞きますが、芝生を傷めずに除草をする目的なのに、芝生自体が枯れてしまったり雑草が枯れず効果の無い結果になってしまうケースがあるようです。
なので我が家では地道に抜く。除草剤を使わないので人体にも環境にもやさしい方法をとっています。とは言っても地道な作業ですし暑い夏場はとても大変な作業です。寒い冬の時期や芝生が伸びる前は雑草が目に付くので抜きます。小さいと抜きづらい雑草もあるのでそのような時は少し成長させてから抜くと楽です。庭全体の雑草を一気に抜くのではなく分割して抜くようにすると体の負担も少なく出来ますよ。芝生が成長する時期にはこまめに芝生と一緒に刈ってしまえば雑草も目立ちません。芝生の長さを短くし過ぎないことも雑草対策になります。芝生を20ミリより短くすると雑草が増えやすくなる傾向にあるようなので、芝刈り機の刈り高設定を20ミリ以上にしておくといいようです。また我が家の周りにはあぜ道が多く、雑草の種を靴の裏につけて庭に持ち込んでしまうこともあるので、靴の裏をきれいにして芝生に入るように心がけます。
雑草だけでなくモグラの被害にも気をつけましょう。都会の住宅地でしたらモグラの被害はないでしょうが、我が家のような田舎の住宅地ではせっかくきれいに維持をしていても、モグラにトンネルを掘られ庭のあちこちに土が掘り起こされている光景を目にします。我が家にもモグラは出現した形跡はありますが、幸いにも芝生の場所は掘り起こされていません。モグラ対策には生け取る方法が一番のようです。我が家でもネットで購入したモグラ撃退機なるものを設置しましたが効果は無く、撃退機を避けて進入してきます。なので毎年進入してこないことを祈るだけです・・(笑)
青々とした芝生を維持していくには、いろいろ大変ですが地道にコツコツお手入れをしていきましょう。