Home > 転職・アルバイト・パート > 憧れのきぐるみアルバイト

憧れのきぐるみアルバイト

遊園地やイベント会場でよく見かけるきぐるみ。犬やウサギなどの動物のきぐるみが定番ですよね。最近ではご当地マスコットキャラクターが日本中に増えていますから、公共のイベントに参加するだけでも結構良く目にするようになりました。子供たちにはサイズはあまり気にならないのか、普通に考えるとちょっと怖い感じもしますが、一緒に写真を撮ったり握手したりと、いつも囲まれて大人気です。ディズニーランドにもきぐるみをきたスタッフがたくさんいますよね。ミッキーやミニーは足や手が一部人間だったりもしますけど、見事になりきった動きや仕草で誰もが完全にミッキーに見えるから不思議です。

たまに見かけるきぐるみのアルバイトの求人広告には「幼稚園でのイベントに参加します」と書かれている募集広告があります。幼稚園で開催される特別なイベントに人気者のきぐるみが登場するのでしょう。時間は比較的短くて、3〜4時間程度だったりが、土日のいずれかで募集しています。備考欄には「保育士の資格保有者優遇」とか「子供の扱いになれている方優遇」などが書かれているので、資格がないにしても無愛想で子供と遊んだことがない方には難しいのかもしれません。

そもそも、きぐるみを着てしまえば容姿も表情も全て隠すことができます。身長・体重は隠すのも限界がありそうですが。ちょっと対人関係に自身がなくても、素顔をさらすことに抵抗がある人でも、本来の自分を捨てて仕事が出来るかもしれません。ある種の変身願望に近いものが存在するのかも・・・なんて思ったりもします。
でもきぐるみのアルバイトで大切なこと、なんといっても「なりきること」に尽きるでしょう。猫背の犬も嫌ですが、ダルそうにしているウサギも見たくありません。しかも顔だけは永遠に笑顔なわけですから怖すぎます。だからこそ、子供たちの夢を壊さない役作りが大切なんですね。オーバーリアクションや動きのある表現、実は仕事じゃない時にも結構そうした演技練習が必要だったりするのです。本来の自分を隠せるきぐるみのバイトですが、その分きぐるみのキャラクターになりきる必要があるから大変かもしれませんね。

とはいえ、やっぱり憧れる仕事です。だって何より楽しそうですし、みんなの人気者になれれば最高です。変な悪役みたいなキャラクターは微妙ですが、たいがいは可愛いきぐるみが多いですからね。ただ一点注意しないといけないきぐるみのアルバイトがあります。それは客引きだったり立ちん棒をさせられるきぐるみのバイトもあるので気をつけましょう。