Home > 転職・アルバイト・パート > 派遣会社ジプシー

派遣会社ジプシー

私の場合、専門学校を卒業してからずっと派遣社員をしていたもので、期間にすると約10年近くも派遣社員をしていたのです。とはいっても、同じ会社で同じ仕事を10年間続けていたのではありませんから、自分でも忘れてしまいそうなほど色々な会社を転々としています(笑)。そういった部分が派遣社員の良いところでもあるのだと個人的には思っていて、合う合わないを就業してみたうえで決められますし、新規プロジェクトばかりに参加することだって可能なのです。しかし残念ながら、一般的に履歴書に無数の就業歴が書いてあって良いイメージを持つ面接官は少ないようで、「どうしてこんなに沢山転職しているの??」と怪訝そうに聞かれるばかりです。それが派遣なのです!と言ってしまいたいところですが、面接なので自分のイメージダウンにならないよう丁寧に説明する羽目になったりします。
私のように好きで職を転々としていたタイプであれば、そういった状況にも何も感じないのですが、好き好んで転々としていない派遣社員にとっては「私だって本当は1つの職場で長く働きたいんです」と訴えたくなるかもしれませんね。派遣社員のだれもがスリルや燃えるような情熱を欲しているわけではありませんから、出来れば安定して長く働きたいと考えているのが普通かもしれません。そういった考えの方であれば、比較的お世話になる派遣会社も1~2社程度なのかもしれませんが、私のような仕事内容や条件で仕事を選ぶタイプの派遣社員だと、はっきり言って1社の派遣会社で事足りないわけです。日本中の案件がどの派遣会社にも同じように紹介可能なら良いのですが、営業さんの努力もあり、各派遣会社の扱っている案件が違うのです。もちろん複数の派遣会社に同じ案件のオファーをする会社もありますから、そういった場合だと何社かの会社で同じ案件を目にすることが出来ます。条件が同じ場合もあれば、金額が結構違っている場合もあるのは恐ろしい限りです。しかしマニアック?な仕事ほどそそられるもので、派遣のお仕事情報サイトなんかで見つけた魅力的な案件ほど「どこの派遣会社??知らないし!」という感じなのですよね。
つまり好き好んで派遣会社に登録しているわけではないのですが、案件ベースで仕事を自分で探しまわると結果的に無数の派遣会社に登録することになるのです。中には登録だけで終わってしまったり、面接で辞退する場合もありますから、個人情報ばかり与えた形になっている派遣会社が半数なのかもしれません。1つの業務が終了した時、その派遣会社に満足していれば「では次の仕事も紹介してください」と思うのですが、対応が悪かったり担当者の人間性に疑いを持ってしまった時は次が無いのです。そんな悪循環とも思える派遣会社ジプシーを続けますと、結構な金額の交通費(登録に行く必要があるため)だったり、履歴書や写真のために無駄な出費をしているのが悲しくなったりしますね(笑)。