Home > 転職・アルバイト・パート > 夜型人間は儲かる

夜型人間は儲かる

仕事を探す際、どんな基準を持って探すかは人それぞれですね。勤務場所や仕事内容、条件など様々です。自分が求める条件にぴったりの仕事もたまにありますが、そううまくいくことの方が少ないかもしれません。自分の条件には沿わないこともしばしばで、正直働くことが難しい仕事だと感じることもありますよね。中でも夜勤のある仕事は結構ハードルが高いように感じます。たいがいの人が日中の仕事を好みます。家族がいる人であれば生活ですれ違ってしまいますし、何より多くの人が朝から夕方まで働きたいと考えています。夜勤の多くは、夜から早朝までの仕事です。普通の生活とは時間が逆転し、朝方家に帰り、お風呂に入ったり朝食を取り寝るわけです。お昼〜夕方に起床し、また仕事に向かうというサイクルです。夜勤が不規則に発生る場合だと、朝そのまま寝ないという人もいます。寝てしまうと生活サイクルがくるってしまうからですね。仕事によってはそんな風に毎日ではなくても夜勤が発生する仕事もあります。大抵の人にとってたまに発生する夜勤はキツイ労働みたいですね。とはいえ、夜勤すると手当が付くために、収入面では良い部分もあります。だから夜勤のみの仕事は給料が良い場合が多いのです。生活サイクルのことや、夜がキツくない人であれば、夜働くことはまんざら悪いことではないのだと思います。むしろ喜んで働きたいと思う人もいるはずです。仕事量が少ないとか、比較的単純な仕事であるなど、夜の仕事に魅力を感じる人もいるでしょう。もちろん、逆に夜勤ではありえない職種もありますから、昼の仕事と同じ数の夜の仕事があるわけじゃありません。自分が夜型人間であるというある種の長所を活かすというのであれば、職種なんかよりも夜勤に特化した仕事選びをすることも可能なのです。
夜仕事をすると、出費が少なくなる場合もあるようで、買い物や飲み会に行く機会が減ることが理由の一つだそうです。言われてみれば、早朝(いわゆる普通のアフターファイブ)に営業しているお店と言えばコンビニやファストフードくらいなもので、町をブラブラするという楽しみも持ちにくいですね。同じ夜勤の同僚がいれば機会もあるでしょうが、自分の友人たちの飲み会に参加することが出来なくなってきます。自分はその時間仕事をしているわけですからね。。

純粋に夜型生活を謳歌出来る人であれば、夜勤の仕事を活かせるかもしれませんね。