Home > ペットと動物 > 経済的でしっかり固まる猫砂はどれなんだという疑問

経済的でしっかり固まる猫砂はどれなんだという疑問

我が家には今現在猫が6匹もいますので、トイレは非常に悲惨な状況です。朝や食事後は全員かってくらいすごい量が出されてますし、トイレを掃除しようものならすかさず綺麗になったトイレに入りに来る猫がいるくらいです。綺麗好きで有名な猫ちゃん、やっぱり汚いトイレは嫌なのですね〜と思う瞬間ですね。
よく言われているのは、猫1匹にトイレ1つですから、そうなると我が家には7個もトイレが必要になってしまいます。どんだけ場所が必要なんだ…という感じですね。徐々に猫が増えてしまったのですが、3匹の時にトイレ2つにしたのですが、6匹になった今も2つのままです。まぁなんとかなります。でも家にいる人がいて、こまめに掃除できることが条件かもしれません。本当はあと2つくらいあれば良いのでしょうね。でも3つでもトイレ臭があって限界ですね。
今現在はシステムトイレと普通のトイレの2つです。システムトイレは経済的で掃除が楽かなという理由で使用し始めましたが、上のチップが古いといやなのか、まぁまぁ不人気です。もう1つのトイレが汚いと使用されてますが、人気なのは圧倒的に固まるタイプですね。なので我が家もかなりのメーカーの猫砂を使ってきましたが、これがかなりジプシーになるんですよね。最初はいいかなと思う猫砂でも、時間がたつと固まらなくなったりもしますので、なかなか一つに落ち着けないままでした。
猫砂で一般的なのが、鉱物系(ペントナイト)、ウッド系、紙系、おから系でしょうか。
楽天のランキングなんかだとおから系が固まりもよく食べても安心という理由で(多分)人気のようでした。でも使ってみて個人的に感じたのは、おから系は固まりが微妙な上に、猫が猫砂食べることなんてそんなにないだろうという感想。食べようとするならばむしろおからだからじゃないかと思うほどです。我が家の猫は転がして遊ぶことはあっても、食べようとすることはほとんどないですよ。

なのでエコなイメージがあって燃やせるウッド系や紙系の中で色々使ってみる日々が続きました。まずウッド系は固まりが悪いものが多いです。最近使ったポプラの木を使った粒の細かい猫のイラストがパッケージのメーカーのは固まりが良かったのでオススメです(名前忘れました)。7Lで600円ほどしますので、少し高いのが気になりますが。

そして紙砂、粉が出難いものが多かったので好んで選んでいましたが、固まりが悪いものが非常に多いのが紙なのです。最初は固まっても、徐々に固まらなくなり、きれいな砂までもほとんど捨てるという結末で非常に不経済的なんですよね。トイレに流したい方には紙砂は良いでしょうが、我が家のように浄化槽の家だとゴミで捨てても家計の負担は一緒です。ネットで見つけた紙の中でも一番固まりの良かったメーカーがあったのですが、どうやら杯盤?のようで購入できなくなったのが残念でした。

昔から主流なのが鉱物系ですが、細かい粒子が舞って猫が吸い込んで危ないという話を聞いたので避けていました。しかし久しぶりに見てみると「粉が舞わない」という製品があり、使ってみると本当に粒粒なだけで粉がでないのです。しかも圧倒的な固まりの良さ!感動しました。捨てたいとこだけ捨てられる喜び…我が家はやっとこれで落ち着けるようになったのです。

経済的かという観点ですと、どの種類でも大体高性能を歌っているものは同じ価格帯です。安物は色々デメリットがあり安いのですから、捨てる部分が固まったとこだけとなる方が経済的だと思います。一番固まらない紙の猫砂の時は、1〜2日で1袋でしたらか本当にコストが高かったですからね。

今一番気になるのは自動お掃除トイレ!値段は高いですが便利そうでぜひ購入したい家電ですね。