Home > ペットと動物 > 猫がカーペットなどで粗相する原因

猫がカーペットなどで粗相する原因

我が家には6匹猫がいます。どの猫も子猫の時から猫のトイレでしっかりトイレが出来ていて、そこまで教えた経験もありません。猫って賢いようで、意外と簡単にトイレを覚えてくれるんですね。そんなわけで、トイレ以外のところで粗相をされた経験もありませんでしたね。

しかしある日、我が家の犬のペッドが濡れているのを発見。臭いを嗅いでみるとおしっこ臭い!最初は犬が自分のベッドで粗相したのかと思いましたが、我が家の犬は老犬で常にオムツを履いているのです。だから犬がオムツ以外でおしっこするわけもなく、どうやら犯人は別にいるのではないかと考えました。とはいえ、6匹も猫がいると誰の仕業かわかりません。

そんなわけで、犬のベッドを洗うとまた粗相をされる…その繰り返しのまましばらく犯人が分からないままでしたが、ある日1匹の猫が犬のベッドを掘っているところを目撃したのです!やっと犯人を発見した瞬間でした。もちろん掘った後に普通のトイレかのように座ってジャジャ〜。止める間もなくでした。普段はちゃんと専用のトイレでやっている猫。なぜそんなとこで?という感じで、カーペットやタオルの上などでもやられることもありました。

しっかり状況を把握して考えてみたところ、その粗相が起こる時が決まっていたのです。トイレが汚れていたから…ではありません。実はその猫、我が家の猫の中で一番古株で、人間に甘えたがるのに猫が増えすぎてうまく甘えられないことが多い猫なのです。その粗相をする時はきまって、甘えたい時や遊んでほしい状況の時に人間が相手をしなかった後に起こるのです。

つまり我が家の猫のカーペットなどで粗相をする原因は、人間への腹いせ?不満のあらわれのようなのです。相手をされないのが嫌で、気を引きたくてなのか仕返しなのかは不明ですが、そうやってアピールしているのでしょう。

そんなわけで、対処法としては甘えたがっている時は撫でてあげたり相手にするようにしました。その結果、粗相されることはなくなりました。もちろん相手をしないまま外出したりするダメですね(笑)
単に寂しいだけのようですから、少し相手をしてあげるだけで解決するのでしたら可愛いものですね。

とはいえ、犬のベッドでの粗相だけはなくなりませんでした。何度もされるので最終的には猫の入れない部屋においていたのですが、久しぶりに犬にあげた結果、まんまと猫におしっこされました。多分そのベッドは臭いが取れないせいなのか、それとももうそこはトイレと認識されてしまったのか、もう諦めて捨てました!