Home > ペットと動物 > 犬や猫の抜け毛の対処法

犬や猫の抜け毛の対処法

春前や秋の終わりなど、季節に変わり目になると犬猫の抜け毛が目立ちだします。我が家は室内に犬猫が計7匹いますので、抜け毛の量も半端ない量になります。しかも今は完全室内飼いになりますので、抜け毛の行き場は家の中だけになりますから、毎日掃除してもペットの抜け毛から逃げることが出来ない状況です(笑)

抜け毛を減らすにはひたすらブラッシング

脱げ毛自体を減らすのは難しい話ですよね。犬も猫も生きている以上毛が抜けないようにすることは不可能ですし、体毛にも毛周期もありますしから自然と生えては抜けての繰り返しです。一度猫の毛を刈ってみようかと考えましたが、抜ける毛が短くなるだけで抜ける量は減らないでしょうね。そもそも虐待だと思われそうなのでやめましたよ。

そんなわけで、床などに落ちたり衣類につく毛を減らすことが対処法となります。そこで有効的なのがブラッシングです。ブラッシングであらかじめ抜けそうな毛を取ることで、自然と抜け落ちる量は断然少なくなります。ブラッシングでオススメなのはラバーブラシやファーミネーターという特殊なブラシです。ラバーブラシも良く取れますが、取った毛を簡単に外せて取れる量も多いファーミネーターが一番使い易いかもしれませんね。とにかく抜け毛が酷い時期はきりがないほどやってもやっても抜け毛がゴッソリ取れるのです。正直取れなくなるまでやるにはかなりの時間が必要です。そこまでやらないまでも、数回繰り返しブラッシングするだけで1〜2日は抜け毛がかなり減るのです。
床に落ちるだけならまだしも、自然に抜け落ちた毛はカーペットやソファ、衣類にいつの間にかついていますので、それをコロコロで取ったり洗うのは簡単ではありませんね。だから可能であれば毎日ブラッシングして、抜け落ちる毛を減らすことが最善の方法だと感じます。

ブラッシングで取れた猫の毛には、よい再利用法がありますよ。取った毛で毛玉を作ってあげますと、猫は狂ったように喜んで遊びまわりますよ。多分自分の匂いがするからだと思いますが、何時間も遊びまわりますから下手なおもちゃより気に入ってくれますね。

聖域を作ることも重要

どんなにブラッシングやシャンプーを頑張っても、大量の抜け毛には所詮勝てないと感じる時がありますね。服にはつきますし、そこらじゅう毛埃が舞っています。
だからそんなペットの毛から逃れるために、犬猫の入れない部屋「聖域」を作ることをおすすめします。我が家は寝室を聖域にして、基本的には犬猫はその部屋に入れません。だからベッドは唯一ペットの抜け毛から開放されますから、布団に入って口に毛が入るなんてイライラはありません。

大事な犬や猫と上手に暮らしていく工夫をすれば、少しはストレスを減らすことが出来ると思いますよ。