Home > ペットと動物 > 猫は夜行性でも本当に人間と同じ生活スタイルになるのか

猫は夜行性でも本当に人間と同じ生活スタイルになるのか

猫といえば見るからに夜行性ですよね。もちろん分類的にも夜行性ですから、本物の夜行性です(笑)
夜行性の生き物とといえば、昼間は寝ていて夜活動します。コウモリやフクロウが私的には一番真っ先に思いつく夜行性の生き物です。

え?昼間は寝ていて夜活動するなんて、猫を飼っても生活が合わないんじゃない?と単純には思いますが、実際にはそんな単純な生活ではありませんね。我が家の猫は正直一日中ゴロゴロしています。朝ごはんを食べる前は大運動会をしていますが、朝ごはんを食べた途端に一斉に寝に入ります。力士か!って突っ込みたくなるくらい皆さん食後は動かないようですね。そのままお昼前まで寝ていますが、朝の昼寝が終わった頃にはまた動きだす猫がいて、そのうち周りを巻き込んでまた運動会が始まったり、悪い遊びを見つけては悪さをしています。
そして散々走り回って疲れるのか、また12時ぐらいには全員昼寝に入ります。中には寝ないで飼い主の後を付いて回る猫がいる時もありますが、基本的には寝ていますし、そのまま夕方4〜5時くらいまで寝ています。そしてお腹が空いてくる夕方に起きてまた運動会。夕食を食べたら仮眠、恐ろしいのが人間が寝ようとする11時頃にまた全員起き始めますから、夜中飼い主がいない無法地帯状態のリビングで大大運動会の始まりです。
朝起きてきて大変なことになっていることもしばしばで、ティッシュが部屋中に散乱していたり、食べ物が食い散らかされて散乱していたりもしますよね。

猫は人間と一緒に生活すれば人間の生活リズムで生活するようになるそうで、基本的には夜も寝るということなのですが、私が感じるのは一日中寝ているだけで、夜中も起きていることが多いと感じましす。そもそももし夜行性じゃなくなったとしても、猫が昼間ずっと起きていることなんてありえないでしょうね。だから夜行性ではなくなるというべきなのかは疑問ですね。

一緒に生活していると生活スタイルが違うのは致命的ですから、出来るだけ遊んであげたりすることで比較的夜行性じゃない生活になるのかもしれませんね。

我が家のように猫が多頭いる状況ですとそうしたコントロールは難しいかもしれませんが、夜中でもずっと起きているわけではなさそうですので、歳を取ったらもう少し夜は寝る生活になっていくのかもしれません。

結論からするとやっぱり猫は基本夜行性なのかも(笑)