Home > ペットと動物 > 猫が家具で爪とぎする対処法はあるのか

猫が家具で爪とぎする対処法はあるのか

猫にも性格が色々あるのですが、癖や行動もそれぞれです。爪とぎだって猫によって違って、みなさんお気に入りの爪とぎがあるものですね。人間が用意した爪とぎ専用の爪とぎを好んで使用する猫もいれば、絶対使わないから!と言ってそうなくらい一度も使ってくれない場合もあります。きっと磨ぎ易いはずなのに…と思うのですが、多分気に入らないのでしょうね。もしくはそれが爪とぎに適しているとは思わないのかもしれません。

どれが爪とぎで、どれがそうじゃなくて、どれが自分好みかということは、結局猫が決めてしまいます。わざわざ買ってきた爪とぎはキライ、でもこのキャットタワーの麻ヒモは結構いい感じ、最高なのはソファよね〜なんて感じで順位付けしているように思えます。見ている限り、どれがお気に入りなのかは爪とぎの頻度で分かるように思います。まぁその日の気分もあるのかもしれません。

不思議なもので、例えば我が家のような多頭飼いしている場合、誰か一匹の猫が家具などを爪とぎに使用し始めると、いつの間にか全部の猫がそれを爪とぎとして使用し始めるのです。それまでは見向きもされなかったはずなのに、いつの間にか完全に猫の爪とぎに…ということがあるのです。

猫は爪の引っ掛かりが良いものが好きなのか、我が家は壁などではなくて布製の家具が餌食となっています。一番被害が深刻なのはソファですが、なぜだか座布団が一番の爪とぎ場所になっていて、どの猫もその座布団で当たり前のように爪とぎをするのです。もうボロボロなので捨てたいくらいですが、この座布団爪とぎが無くなった場合、多分2番手の家具がもっと悲惨なことになる予感がして捨てられません。みすぼらしくても置いておくしかないのです。

そして最近買ったウォーターヒヤシンスというラタンのような素材の椅子も、格好の餌食となってしまいました。爪は研ぐし上って遊ぶし、最終的にはかじってボロボロにされています。もう価値がないでしょうね(苦笑)

猫を飼っていれば仕方ないと言われそうですが、出来れば防ぎたいものです。でも現実問題全てを猫の手から守るのは不可能かもしれません。だったら「これは仕方ない」と「これだけはダメ」と決めて、嫌な家具には防御を施すしかないですね。例えばソファならカバーをかけてみるとか。

出来れば根本的に爪とぎされない家具に変えてしまうのが一番かもしれませんね。素材選びでだいぶ違ってくると思います。猫は好きだけど家具を大切にしたいと考える人はとても多いはずですからね。