Home > サーフィンテクニック > 板に乗る

板に乗る

「板に乗る」という言葉で、早速ボードに華麗に立った自分をイメージしましたか?
残念!まず初めの板に乗るは板に横になって乗っかることです。
サーフィンは腹ばいになって板の上に乗り、パドリングで波をかきながら前に進みます。
「な〜んだ、そんなの簡単じゃない!」と今度は思いましね??
それが案外難しいのです。なぜかというと、海の波は常に揺れていますし、水はもちろん沈みますよね。つまり、バランスをうまくとらないとすぐにひっくり返ってしまいます。
初心者を見ていると、横にグラグラ、必死でバランスを取ろうとしているのがわかります。
昔の僕もなかなかバランスが取れず、先輩サーファーに聞いてみても「慣れだ」の一言。そんなんじゃわからねーよ!と思って悪戦苦闘していましたが、いつのまにか出来るようになっていました(つまりこれが慣れ?)。
いえいえ、慣れるのは自分で気付かないうちにコツを習得しているからであって、乗るだけにもいくつかポイントがあるのは当然です。
これから説明するのは基本の基本なので、サーフィンを始めてだいぶ経っていても、あれ?と思っていたら是非参考にしてください。

1.体の中心を確認する

サーフボードの真ん中には、ストリンガーという木製の細い芯が1本ノーズからテールまで入っています。これは板の中心ですので、自分の体の中心もストリンガーと同じラインにくるようにします。中心がずれていると、左右のどちらかに重心が寄ってしまうので、グラグラしてしまいます。

2.ノーズからの距離

パドリングの際にも非常に重要になってくるのが、前後の位置です。
一般的には手をまっすぐ伸ばした時にノーズを触れる程度が基本ですが、先日海でプロの位置を確認してみると、それよりだいぶ後ろ側に乗っているようでした。プロともなるとその後の技のこともあるのかもしれませんし、人それぞれもあるので何とも言えませんが、初心者は乗る位置の目安にするのがいいかと思います。
体が自然とその位置にくるようになるまでは、板に乗るたびに、常に腕を伸ばして確認することをオススメします。
初心者がノーズ寄りに乗り過ぎることはほとんどないと思います。なぜなら、最初のうちは体をエビ反りにするのがなかなか出来ませんので、ノーズ寄り過ぎるとノーズが水の中に沈んでしまいますね。
ですので、一番多いのが後ろ寄りに乗ってしまうことなのですが、どうなるかと言うと、テールが沈みノーズは上に上がってしまい、非常にパドリングしにくくなります(&カッコ悪いです!)ので、ベストな位置をきちんとマスターするようにしましょう。

3.足の正しい置き方

よく足を開いて乗っているサーファーがいますが、これはNG !正しくは両足をくっ付けて乗ります。最初はバランスが取れないので、どうしても足を開きがちになってしまいます。足を開くとグラグラしないんですよね〜。
ちなみに、これも初心者に多いのですが、たま〜にうまい人でもいるのが不思議なところ。でもはっきり言ってカッコ悪いので、当てはまる人は是非直すことをオススメしますよ。 女性は初心者でも少ない気がするのは、やっぱり抵抗があるからなんでしょうね・・・初めから意識的に直すのだと思います(笑)。

以上のことを常に気をつけるようにしましょう。
波にもまれて板から落ちてしまった時など、慌てて乗ってしまうと変な位置にいることもありますが、その時は慌てずに正しい位置に体が行くように調整してくださいね。