Home > サーフィンテクニック > ドルフィンスルーのコツ

ドルフィンスルーのコツ

ドルフィンスルーが出来ないワケに続き、今回はドルフィンスルーのコツについてです。言葉でお伝えしてもなかなか実行するのは難しいと思いますが、ドルフィンスルーする上でかならずポイントになる点をいくつか挙げてみたいと思います。意識するだけでも違ってくると思いますよ。

ドルフィンするタイミングが大事

ドルフィンスルーをするのにタイミングは大事です。遅すぎると波を食らってしまってうまく潜れませんし、逆に早すぎるとバランスを長く保つことが出来ずに失敗してしまうでしょう。ベストなタイミングについては、こればかりは何度も練習して自分に合ったタイミングが見つけなければなりません。自分が板を沈めるのにどのくらい時間がかかるのかを把握する必要があります。

まずは前方、そして後方へと体重移動、リズムよくを意識して

ドルフィンスルーするには、まず板の前方を沈めて、次に後方を沈める動作になります。慣れないとバランスをとるのが難しいので、リズム良く一連の動作が出来るよう心がけましょう。

自分のヘソを見る感じで!

頭が上がったままドルフィンすると、板はうまく沈みませんし、波の抵抗も大きくなるので失敗します。あごを引いた状態で、イメージとしては自分のヘソを見るような感じの体勢で、板と一緒に頭を下げて潜りましょう。

腕を伸ばして深く押し込み、足で板を勢いよく蹴る

板を深く沈めるように、腕を伸ばして板を押し込むようにします。ノーズ側が深く潜った段階で、今度は足で蹴り込みます。デッキパッチのキックのあたりに足がいくのであれば、キックを蹴ると楽でしょう。

勢いに合わせて水面へ

板のノーズ側が沈んだ状態で後方を沈めることで、今度はノーズが自然と上を向いて浮上する体勢に入ります。そこで自分の体を板に引き寄せ、板にくっついて浮上します。その時に頭を急いで上げないこと。首や顔面に水圧を感じるのであれば、顔をあげている証拠です。板と並行する角度のまま浮上し、板が水面に出る時に自分の頭も出るのが自然だと思います。


ドルフィンスルーは、サーフィンの他のワザ同様に経験が必要です。慣れれば難しいものではありませんが、慣れないうちは体力を無駄に消費してしまいますし、余計に疲れるのは仕方ないですね。だからこそ、ドルフィンスルーをマスター出来れば、サーフィンもぐっと楽になりますし、楽しめるようになると思います。
ドルフィンが出来ないためにゲット出来ずに終了・・・こんな経験は誰だってあったことですから、出来ない時は出来るようになるまで練習するのみです。幸いドルフィンは練習し易いですので、他のサーファーの邪魔にならない場所でみっちり練習頑張りましょう!