Home > サーフィンテクニック > テイクオフ成功のコツ

テイクオフ成功のコツ

タイミングもうまくあわせられるようになったのに、テイクオフで失敗してしまう・・・なんて悩んでいませんか?それには単純な原因がいくつかあるはずですので、当てはまるのが無いか確認してみて下さい。

テイクオフする前に波が崩れている

崩れた波でも立てますが、どちらかというと「粘ってどうにか立つ」状態だと思います。それではなかなかロングライディングはできません。
波が先に崩れてしまう原因は、タイミングのずれと狙った場所が良くないためです。早めにパドリングを開始してタイミングを合わせましょう。波の一番盛りあがってくる場所が一番パワーがありますので基本的にはそこをめがけてパドルしますが、サイズが大きい時などは、少し横の位置を狙う必要がある場合もあるのを忘れないでください。

波においてかれる

波においてかれる原因は、スピードがついていないためです。早めに波を見定めて、全力でパドルを開始するようにしましょう。

板が滑り出さない

板が滑り出さない理由にはタイミングのずれなどもありますが、無意識のうちに体重を後ろにかけていませんか?最初の頃はパーリングの恐怖のために、前加重にするのはなかなか怖く感じるかもしれませんが、それでは逆に失敗の原因になってしまうので、思い切ってやりましょう。
目線に注意して上半身をちゃんと反ってさえいれば、そうそうパーリングしませんので、怖れずに前加重を意識するよう心がけましょう。

ノーズが刺さる

テイクオフで一番多い失敗がノーズが刺さってパーリングすることだと思います。なかなか助言出来る人がいないのですが、その最大の原因は目線です。初心者を見ていると、多くの人がノーズ(下の方)を見ています。それではテイクオフは成功しません。
簡単なことなのですが、目線さえ進行方向を見ていると、そうそうパーリングしないものです。怖さのため、ついついノーズの方を見てしまいがちですが、目線は自分が行きたい方向を見ること!です。「顎を引いて頭をあげて、下は絶対見ない」を徹底してみてください。必ず成功するはずですよ。