Home > サーフトリップ > 海外サーフトリップ

海外サーフトリップ

海外サーフトリップ 寒い冬、南国へのサーフトリップはサーファーの夢ですよね。冷たくて、スモールウェーブの日本から抜け出して、常夏で思いっきりサーフィン三昧。美味しい食事と仲間と過ごす楽しい時間。普通の趣味ではなかなか味わえない体験が出来るのが、サーフトリップの魅力のように感じます。

費用が気になる海外サーフトリップ

海外サーフトリップは行きたいけど、そんなにお金の余裕がない・・・そりゃそうですよね。僕も一生懸命働いてますが、普段は一切無駄使いしなくても、ウェットスーツやボードやらと・・・普通の人より高い出費が多い気がしてなりません。さらに通いサーファーですと、ガソリン代なども余計にかかってしまいますよね。
我が家は夫婦でサーファーなので、サーフトリップに行くとなると、必要な金額も2人分です。燃料サーチャージという痛い追加料金もありますしね。。 そんなわけで、お金のことばかり心配していたらサーフィンなんて出来ません!つまり僕はもう、完全に開き直ってます。無駄使いはしないけど、サーフィンにはケチらないようにしています。だって唯一の趣味のサーフィンまで制限してしまったら、僕の楽しみは無くなっちゃいますからね。
だから海外サーフトリップも、僕は年1回のご褒美として続けたいと思います。仲間や奥さんと一緒に海外で過ごすサーフィン漬けの旅行は、本当に楽しいの一言なんです。
ちなみに、2008年に行った6日間のバリトリップの費用についても詳しく書きましたので参考にして下さいね。

場所は様々!波を求めてサーフトリップ

近場で最近密かな人気なのは中国の海南島。結構メローな波が割れるらしく、ロングボーダーや中年サーファーにも人気があるよう。

新婚旅行や恋人中心ならハワイ(オアフ島)です。ロングボードなら気軽に楽しめますし、何よりハワイは居るだけで楽しい!ちょっとだけサーフィン、後は恋人や奥さんとバカンスを楽しむなら最高のロケーションです。もちろん、ガッツリサーフィンしたい人でも間違いなく楽しめます。ポイントはたくさんありますし、ノースショアは見物に行くだけでも価値があります。ただ、物価が高いのが玉に瑕。。
カウアイ島などはほとんど日本人がいませんので、英語とサーフィンに自信のある方にはオススメです。

カルフォルニアの空気と波を求めて、年に数回行く人もいるというカルフォルニア。世界的な大会も開かれる有名な場所です。ただし、冬はとっても寒いので、常夏を求めている際は要注意です。

僕がワーホリで1年間、ガッツリサーフィンを楽しんだのがオーストラリアです。波は文句なく良いです。あまり観光するには適していないような気もしますので、恋人と一緒のバカンスにはNGかも。レンタカーを借りて移動するのがオススメです。先日うちの嫁は、無謀にも一人でオーストラリアトリップをしてきましたよ。案の定、スピード違反で罰金です(笑)。
オーストラリアドルはよく値動きしているので、円高の時期を狙えばさらにお得ですよ。

お手頃な金額で、最高の波を求めたいならバリが最高です。テロ以降、治安について不安に感じる人も多く旅行者は激減しましたし、バリの人たちも色んな意味で苦労したようですが、今はすっかり持ち直したようで、町も人も活気溢れるバリです。 バリでのサーフトリップについても書いているので参考にしてくださいね。

だけどどうしても今年は海外サーフトリップは無理そう・・・。
そんなあたなには、海外サーフトリップが疑似体験できる本を紹介します!
僕もけがをしてサーフィンが出来なかった時に何度も読んだ本です、超オススメです!!
詳しくはこちら→ 海外サーフトリップが疑似体験できちゃう本の紹介記事