Home > サーフトリップ > 【ワーホリ in Australia】 オーストラリアでサーフィンするためのビザ

【ワーホリ in Australia】 オーストラリアでサーフィンするためのビザ

「よし!オーストラリアで思いっきりサーフィンするぞ!よしチケットを取ろう!」とHISのHPを見始めるのはまだ早いですね。そうです、海外に行くにはまずビザが必要ですね。もちろん、自分のパスポートを持っていることが前提です(笑)。

オーストラリアに行くとして、まずは計画を立てましょう。どのくらいの期間オーストラリアに滞在するのか?仕事や学校は辞めたり休んだりするのか決めなくてはいけませんね。資金の問題もあるでしょう。ある程度貯えがないとやっぱり難しいですよね。
そういった条件で取得するビザの種類が変わってきますし、どういう目的で行くのかによっても違いますよね。例えばサーフィンはもちろんしたいけど、自分は英語も堪能なので、向こうで本格的に仕事を得て生活したい!というのであれば、長期労働ビザですが、これは自分だけで取れるビザではないのでまずは就職先を決める必要があります。
いきなり就職するのは無理だけど、とりあえずオーストラリアに行ってサーフィンしたり、英語の勉強をしたいんだ!って方がほとんどですよね。学業を目的とするのであれば学生ビザが良いですが、フルタイムで学校に行く必要があるため、ラウンドしたり自由に英語の勉強をするというわけにはいきません。となれば、選択肢は2つ。あなたが18歳以上30歳以下であればワーキングホリデービザを1度だけ取得することができ、最長1年(条件を満たして2回目の取得申請をした場合は最長2年)オーストラリアに滞在することが可能です。仕事もある程度することが可能なビザで、オーストラリアにサーフィンをしに長期滞在している日本人のほとんどこのビザかと思います。もし30歳以上であるならば、残念ながらワーキングホリデービザは取得できませんが、でも大丈夫!3ヶ月間であれば普通に観光ビザ(ETAS)で渡豪しちゃいましょう。残念ながら仕事はできませんが、12週間であれば学校にも通えますし、3ヶ月もあればサーフィンするには十分すぎるほどですね。
僕はワーキングホリデービザで渡豪しましたが、うちの嫁はETASで学校にも通いましたよ。
もし年齢が若くて、仕事などの問題がないのであれば、一生に一度しかワーホリビザは取れませんのでオススメしたいと思いますが、3ヶ月だけでもかなり充実したオーストラリア生活が出来ると思いますよ。