Home > 女性の生き方と心理 > 会話が続かないと気まずい時の対処法

会話が続かないと気まずい時の対処法

会話が続かない時に沈黙になる、こういう状況を気まずいと思う人とそうでない人がいると思いますが、嫌われたくない相手だったりすると困りますよね。好きで会っている相手ならまだしも、仕事でしょうがなく一緒に移動する時なんか結構ピンチです。往復2時間近くも一体この人と何を話せばいいんだ…なんて風に、なんだか苦痛に感じてしまうのも嫌ですし、相手もそう思っているのではないかと勘繰ってしまうと余計ストレスです。会話が続かない時どうすればいいのか、、私もかなり悩むものです。相手が男性であれば、基本的に相手の引き出しを色々引っ張り出して話させるのが一番楽です。趣味や仕事のことなど、意外と夢中になっていることについては男性もペラペラ話してくれるもので、仕事関係の人と車で移動する時なんかは相手の趣味のことについて色々聞きます。自分が知らないことであれば質問もたくさんありますし、少し知っている内容の話であれば、自分の意見や体験を交えて参加できますよね。聞き上手な女性に男性は惹かれるのか、褒めたり羨んだりしながら上手に趣味の話を効きすぎると、最終的には「今度一緒にどうですか?」とか「連れて行きますよ」といったお誘いを受けてしまうので注意も必要です。あとが長い時にこういう展開になってしまうと、その後は詳しい日程調整になりかねませんからね。
電車で移動する時なんかは、広告や目にとまったものについて会話するのも手です。何気ない会話を延々と続けられる可能性がありますが、次から次へと広告の話題を振るのはやめましょう。会社の人であれば、お互い共通の人の話題や仕事の話をするのが一番長く続きますよね。どんな相手でも比較的話し易いかもしれません。
デートで会話が途切れると気まずいという場合、残念ながらあまり相性の良い相手ではない可能性もあります。相性の良い相手だと会話も自然と生まれてきますし、間も気まずい雰囲気というより「一呼吸置く間」のように感じるものです。思いっきり話の弾んだ会話の後に生まれるちょっとした間の間に、お互い「楽しいな、一緒にいると面白いな」といったことを頭の中で考えていて、その後の会話もより一層楽しくなるのではないでしょうか。だから「どうしよう〜何か話さないと…」と頭の中のあらゆる引き出しを開けているうちは、まだまだ相手との関係がうまく築けて無い時かもしれませんね。好きな相手であれば、どんどん相手のことを聞きまくります。もちろん興味があるから聞き易いですし、自分のことをあれこれ聞いてくる相手を「俺のこと好きなのかな」と勝手に意識してくれるものです(笑)。

会話は自然と生まれるものですが、どう接してよいかわからない相手だと手こずるものです。だけど相手が楽しんで話してくれる会話に持っていくことで、話も続きますし、より良い関係が気付けると思いますよ。