Home > 女性の生き方と心理 > 30代女性のファッションの悩み

30代女性のファッションの悩み

30代ってすごく難しい年代ですよね。若くもなく老けているわけでもなく・・・人生的には脂ののった非常に楽しい時期かもしれませんね。最近では30代でも未婚の女性も多いですし、仕事をバリバリこなすキャリアウーマンも活躍している時代です。だからこそ、30代女性のファッションってすごく難しいのかもしれません。専業主婦で良いお母さんもいれば、未だに20代の気持ちのまま遊びまわっている女性もいる一方で、同世代の男性を追い越してキャリアを築き続けている女性もいる。多種多様な女性が増えているのも事実のようです。世間の人は30代女性ってどんなイメージなんでしょうか?20代のような若さこそないももの、おばさん臭いところもなくて活き活きした美しい女性に見えるかもしれません。人それぞれ進む道は違うのですから、それぞれの生活にあった服装をすればよいだけですが、30代女性として求められるファッションもあるのではないでしょうか。
私自身が20代のころから読んでいたファッション雑誌(例えばMOREなど)がいつの間にかなんだかしっくりこない雑誌に感じるようになりました。それまでは自分の好みの洋服や小物が乗っていて、「これ欲しいな〜」と購買欲を擽られていたわけです。しかし違和感を感じるようになってからは「なんだか子供っぽい」と思うようになったのです。こういったことって子供から成長する間に何度も経験することかもしれません。大人になっていくことで好みが変わってくるんですね。
30代だといってもロリータファッションを躊躇なくする女性もいれば、全身ブランド品で固めている女性もいます。会社ではかなり清楚な感じで大人っぽい女性でも、休日に会ってみるとなんだか全身幼稚な柄物の服で登場したりします。もちろんオシャレのセンスも人それぞれですから良い悪いは他人が決めることではないのですが、多くの30代女性が年相応の服装をしなくてはという気持ちを持っているのではないでしょうか。、チープファッションだってうまく活用する知恵は大事です。色々うまくミックスすれば「オシャレ上級者」として高く評価されますが、全身安物で固めてしまうと「ただのダサい人」とされてしまうのも事実ですね。
今まで着ていた服が着たくなくなったりすることはなんだかさびしいものですが、30代からこれから先ももっと長い道のりですので、今の自分をよりアピール出来る、自分を正しく表現出来る服装を心掛ければよいのかもしれませんね。