Home > 女性の生き方と心理 > 満員電車でのチカン防止対策

満員電車でのチカン防止対策

女性にとって満員電車に乗ることは結構気になることがたくさんあります。中でも痴漢に会わないようにすることは一番かもしれませんね。もちろん男性にとっても勘違いされないようにすることは人生を守るため必死でしょうから、どちらにとってもいいものではないのかもしれません。でも中には痴漢目的の悪い輩もいるのが現実ですから、そうした被害にあわないよう注意したいですね。

私は以前に、やや満員状態の電車で痴漢にあったことがあるのですが、男性の手を捕まえられたので「痴漢です!」と周りの人に手助けを求めたのでが、朝の通勤ラッシュの時ですからみんな巻き込まれたくないという嫌そうな顔をしていたのが今でも忘れられません。やっぱり合った人がいろんな意味で損をするんだと痛感しました。決していい気持ちの結果にはなりませんからね。。

そんなわけで、いかに痴漢にあわないようにするかが大切ですね。気を付けるのとやらないのでは絶対に違ってくると思います。

もし女性専用車両などがあればそこに乗るのが確実です。でもどこにでもいつでもある車両ではありませんので、普通の満員電車に乗ることを前提にしたいと思います。


服装もミニスカートや露出が多いほどあいやすくなりますので、痴漢に絶対合いたくない!という人はそういう痴漢野郎を刺激するような服装は避けましょう。ファッションを優先するのであればラッシュ時には絶対乗らないことですね。

また、乗り方も非常に重要です。まず出来るだけ自分の周りは女性の方が良いでしょう。少なくても一人でもいれば、周りを男性だけに囲まれることは避けられます。並んでいる時にいなければ、乗車した時に女性のいる方に向かったり、絶対痴漢なんてしなそうな男性のそばによりましょう。絶対ではありませんが、おかしい人は見た感じもある程度不審なものです(笑)


周りが男性の時はくっ付き方や向きも重要です。出来るだけ前後が男性の体と密着しないよう工夫するのですが、例えば腕を胸のところに持ってきたり、体の向きが沿わないように方を当てるようにします。カバンなど荷物も上手に使って、人との間にくっ付かない隙間を作る工夫を行います。

たいした工夫ではありませんが、このちょっとしたことで被害にあうあわないは大きく違ってきます。被害にあう可能性がある側も、出来るだけあわないよう注意することが何より大切なのです。